g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

NOODLE BAR オクト よだれ鶏のみそ冷やし中華(限定) TP味玉 半ライス



























夏期限定。





















夏季限定。
















それももう終わり始めているタイミング。

まぁ別にどっちでもエエやんと、面倒臭がって妥協する姿勢も時には大事であるが、そんなことよりも大事なことは





終わる前にかならず食う




と言うことだ。


何処もかしこも限定限定で、こちらの都合が追い付かない部分がどうしても生まれでる。
しかし、なんとか間隙を縫えるタイミング、と言うモノが天から降ってくる場合も有り得る。





この日、本当にたまたま時間が出来た私は妻に連絡を入れる。

「オクトの限定が食いたい・奢る」

と言う旨を伝えれば二つ返事でレッツゴー。
券売機に光る限定ボタンは、なんと私が押した瞬間に✕マーク。


アブねえッッッッ!!!!!


なんとか限定切れを回避し調子に乗って「海老ワンタン」も購入したのだが、店員さんに





「すいません・・・ワンタン終わってしまって・・・返金します・・・。」


なんて言われたショックは、このビジュアルで全て吹き飛んだ、と言うことだ・・・。

























f:id:g13longkill:20210829134442j:plain

おいおい・・・・・・・とんだシャレオツ冷やし中華じゃねーか・・・・。


冷やし中華始めました」


のメニュー表示をしている飲食店ではなかなかお目にかかれないビジュアルだぜ・・・!!!
















f:id:g13longkill:20210829135137j:plain

そしてパクチー好きには堪らない香りがガンガン立ち込めている。
因みにパクチーの増減はある程度無料だが、50円で「追いパクチー」も可能である。

オクトはTPも豊富なので、ゆっくり決めたいところだ。


では・・・・・・





















f:id:g13longkill:20210829140018p:plain

ぬぬぬぅぅ・・・まさか・・・まさかの・・・・・



































A...MA...ME...だ・・・ッッッッ!!!!!





















甜麺醤ベースかと思いきや、そんなもんじゃねぇッッッッ!!!


多分味噌と甜麺醤を丁寧に酒・味醂で伸ばして甘めに仕上げてる感じだ!!!!
冷やし中華特有の酸味のあるスープと相まって


「最高の甘酸っぱダレ」


が、とんでもないことになってやがる・・・!!!!!

そしてキンキンに締められた麺は「細麺とは思えない」噛み応えで、タレとのマッチングが半端じゃねぇぞ!!!














f:id:g13longkill:20210829140824j:plain
f:id:g13longkill:20210829140909j:plain

トマトと味噌の相性が良いのは知っているのだが、ここまで甘めでも抜群とは思いもよらなかった・・・。


そしてこの鶏よぉ!!!
美味過ぎんだろッッッッ!!!!

塗られた味噌は無論・・・AMAMEである・・・!!!!!















f:id:g13longkill:20210829141707j:plain

全撹拌からのズルっとはただのハッピータイム。


味噌の旨さと甘さ

タレの旨さと酸味

トマトの甘さと酸味

パクチーの香り

そして

急に飛び出すナッツの歯応え



こりゃ・・・ドえらい冷やし中華だ・・・・・!!!!















f:id:g13longkill:20210829145158j:plain
f:id:g13longkill:20210829145257j:plain


まさに愚行・蛮行!!!

まさに邪道・外道!!!


「甘めだから」と言う理由で頼んだライスを、まさかの冷やし中華にブッ込む。
その時の為に味玉と鶏を残しておいたが、やはりオクトの味玉は

米に合う味玉ナンバーワン

の可能性がある。
ちょっと美味過ぎだ・・・・・!!!!!


レンゲでかっ込めば、腹一杯だ・・・・。













f:id:g13longkill:20210829150624j:plain







ごちそうさまでした。

いやぁ・・・脅威的・・・。
この新進気鋭の限定はまさに夏の陣!!!

まさか冷やし中華に味噌とは恐れ入る発想。

流石、秋田市の味噌マスター・・・!!!




そして、恐らく市内ナンバーワンの接客・ホスピタリティーラーメン屋と言えるかもしれない。

まぁ・・・駐車場の電柱に注意だ!!!






































「スープ割、こちらに置いておきますので、ご自由にお使いください。」



と、店長からのメッセージと共にスープ割を受け取る学生。
4人組で来ており、皆がそれぞれのメニューを注文するなか、1人がつけ麺を選択したようだ。




正直、秋田はまだまだつけ麺文化が浅く、ルールも各店で独自なのは当然だが、例えば


「熱盛り・冷盛り・スープ割・割スープ」


何て言う言葉は、そこまで浸透していない。

よって、である。






「あのぉ・・・

































スープ割って何ですか?」
























と言う「随分可愛いコメント」が飛び出すのも無理はない。

オクトの店長から「それはそれは丁寧な説明」を受けた彼は




「ありがとうございます!頂きます!」




と、これまた元気に挨拶をして食べ始めた。

ラーメン屋ではなかなか見られない微笑ましい光景・・・。

私のブログにはあり得ない光景・・・・・!!!!!!




良いモノを見た、そう思った。



















bollaさん!!!
もしかしたら色んな勘違いが重なって、ここは最早「ラーメン屋」なのかもしれません!!!
そうなんですよね・・・蕎麦屋のカレーはマジで美味いことが多いので、カレー×蕎麦が危険な場合がありますからね!!!
ありがとうございます!!!



Pちゃんさん!!!
このタイプのラーメンで美味しさがハッキリ伝わる店って、なかなか難しいですよね!!!
昔を踏襲し過ぎて古ぼけた味になっている場合もあるので・・・!!!
二郎も苦手な人は苦手ですからね~。
私は・・・担々麺が苦手(味が何処も大体同じと言う理由)なのと同じでしょう!!!



kami3sakiさん!!!
マジの蕎麦屋でなければ、多くは色んなメニューが充実している、と言うのが私の印象です。
まぁ酔っ払いの選択ですから・・・最終的には好みでしょう!!!



ふつ映さん!!!
ありがとうございます!!!昨日はふつ映さんの記事のブックマークが出来ず、焦りました!!!