g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

陸王 煮干中華そば TP背脂




















と言うことで、




















朝からライドオン。
















先日の妻からの提案で陸王に行くこととなった。
時間はそこまで早くもなく、遅くもない朝ラーの時間帯。

間隙を縫えば、当然のことながら駐車場は安心安全。

我々が駐車するタイミングで、まさかの店長の奥さんが到着。
とすれば、店長の「必殺の盛り」の案件は無くなった、と言う訳だ。



券売機の前に立ち、「先日の「麺」リベンジ」と銘打って来たのにも関わらず、妻が押したのはまさかの豚ラーメン(二郎系)。


まぁ・・・食いたいモノを食えば良い・・・。


私はと言えば、だ。
先日の激務で疲労感が全く拭えていない。
「カルシウム不足」と判断した私は「ライトにカルシウム補給」、そして「より甘め」にするために危険なTPを選択し、奥さんに「少な目コール」をして待った、と言うことだ。


















f:id:g13longkill:20210825141129j:plain

カメラの不具合で画像がボヤけてしまっている部分もあるのだが、背脂大先生が舞っておられるッッッッ!!!!!

しかし、この謎の淡い画像からは危険な香りしかしねえ!!!


この店長必殺のハイブリッドノスタルジー中華そばは今、背脂の甘い香りと醤油の香り、そして煮干の淡い香りをふんだんに運んで来るのだ・・・!!!


因みに店に岩のりがある場合、奥ののりは全て岩のりに変化すると言うことをお伝えしておく。

















f:id:g13longkill:20210826171905j:plain

ぬぬぬぬぅ・・・・・・




































・・・sweety・・・!!!!!!!!





















あんまーーいッッッッ!!!!

溶け出した背脂の甘さはまさに狂喜!!!

その後の醤油と出汁の旨さと共に、ガツンとくる煮干感とフワッとしたエグ味は「どう計算するとこうなるんだか、さっぱり分からない」と言う仕様だ!!!


この見た目で「ちょっとのエグ味」なんて・・・想像付く訳がねえッッッッ!!!















f:id:g13longkill:20210826172308p:plain

そしてラーメンではなく「中華そば専用のこの麺」は、何度も言うが北欧神話もビックリの「ムニンムニン」。


「和」を感じるのに相応しい麺と言えよう。


って言うか、この麺でコッテリが食いてえ・・・!!!









f:id:g13longkill:20210826172602j:plain
f:id:g13longkill:20210826172635j:plain

今日も炸裂した猟奇的チャーシュー。

噛めば肉の旨味と醤油の塩分がガツン!!!
この塩分が背脂と合わない訳がない。


そして煮干との相性を考慮し、「何故TPしなかった・・・」と言う後悔が巻き起こるのり。

巻いて食うから・・・そんな後悔をしてしまうんじゃ・・・!!!















f:id:g13longkill:20210826172918j:plain

本日もありがとうございます。

甘いスープに抜群の安定感を演出する、塩分バキバキの味玉は、本日の最高の風情を演出。


さて、後はネギをサルベージだな・・・。






















f:id:g13longkill:20210826173408j:plain







ごちそうさまでした。

何故こんな組み合わせが・・・。

私が以前中華そばを頼んだ際、店長が「背脂をサービスでブッ込んできた」時から、たまにやってしまうこのコンビネーション。


あのときの妻のリアクションも中々面白かったが、直ぐにいなくなり、延々チャーシューを捌き続けると言う、店長の淡白対応も最高だったことを思い出す。

不安定な安定の一杯。

最高でした・・・・・・!!!!!!






































「頑張るから・・・もう少し待って・・・。」




必死に豚ラーメンに食らいついては、いる。

今まさに、ワッシワシの麺をレンゲに1本分入れ、それをゆっくり咀嚼する様は最早完全にレッドゾーンのそれだ。



この後に仕事を控えている私は、軽く。
今日は仕事が休みで「昨日のリベンジ(?)」をしたかった妻は豚ラーメン(ニンニク少な目)。




急に腹一杯になったらしく、悶絶の表情で1本1本確実に胃に投入している。



「頑張れ、俺もそろそろ時間がねえ。」




と言ったその時、妻は私の丼を自らの手元に引き寄せ、レンゲを煮干中華そばの残り汁に投入し飲み始めた・・・・・!!!!!


何を言うかと思えば・・・・・



「あっ・・・




































味変だから・・・。」








































・・・・・・・・・。



















車内は当然ニンニク臭くなった・・・。

まぁ・・・良く頑張った・・・・・。

















Pちゃんさん!!!
Tさんは頑張っておりました!!!
まだ頑張って頂きます!!!
そもそも恥ずかしがりやだから・・・あんな格好をしているのでしょう・・・。
私よりも「周囲の目」が気になったのでしょう!!!
まぁ・・・ある意味では・・・可愛い先輩ですよ・・・!!!


ふつ映さん!!!
いつもありがとうございます!!!
今度・・・仙台っ子・・・行きたいですな・・・!!!


bollaさん!!!
仰有る通りッッッッ!!!!!
部室でのTさんは「顔が真っ赤」と同時に、至るところが真っ赤でした!!!