g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想です。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

カツ丼 多勝 極上リブロース 250g カキフライ単品

終に秋田にも。
しかし、特に困惑することはない。所詮病気。キョンキョンの「病は気から2 病院へ行こう」で育った私は何度も言う通り覚悟はできている。
旨い飯を食えない、旨い酒が飲めないことの方が問題だ。だからと言って陽性居酒屋テロ野郎の様な事はしない。

迷惑をかけるのはお断りだ。



私は妻の要望で外出した。食べたいものがあると言う。と言うか自慢気に何度も話していたら「連れていきなさい」と言われた。そりゃそうだ。一人占めするには惜しい代物だ。
二人ともバタバタして家を出た。朝食もとらず、用事を済ませて店に向かう。10:20に到着した我々は目を疑った。















営業中?!
















空腹の我々は即入店。じっくり待つこと15分。

来た・・・・・・





f:id:g13longkill:20200307102244j:plain

大根おろし、柚子胡椒、男鹿の塩。


f:id:g13longkill:20200307103914j:plain


秋田でも「林SPFを食べることの出来る飯屋がここである。多少揚げ時間は長いかも知れない。赤身の部分は少ないかも知れない。でもいいじゃないか。レア部分から食す。
店内では静かにBGMが流れている。LINDBERG・・・




















だってそうじゃない!


















f:id:g13longkill:20200307103906j:plain


Don't Break Away どんなときも

Burning Love 風を切ってゆこう!


まずはそのまま・・・
























油甘ぇ!!!!!!!















f:id:g13longkill:20200307103945j:plain
これも形容し難いもの。赤が眩しい。まさに


会いたくて ~Lover Soul~






f:id:g13longkill:20200307104107j:plain

わさび醤油最強説を唱えるブロガーさんの意見に異論の余地はない。やはり甘い油には香り高いわさび、そして切れのある醤油だ。

小さな翼はびくともしないのだ。ウゥーベイベー、である。





f:id:g13longkill:20200307104229j:plain
双璧をなすであろうと個人的に思う、おろし醤油だ。
大根おろしとは偉大である。ジアスターゼを摂取した私に怖いものはなくなった。

きっと誰もが悲しみの夜をかかえてる







だけどDon't Stop!!!







f:id:g13longkill:20200307104347j:plain
忘れてはいけない、忘れてはいけないのだ。カキフライは一口目で破裂。汁をキャベツが受け止めてくれた。ありがとう。後でタルタルと共に、嫌、ソースか?


ドラマでも勝つのは・・・・・・BeautyではなくCute・・・・・・だったな・・・。









f:id:g13longkill:20200307104435j:plain
無論定番も食べねばならぬ。そう、濃厚なソースは期待通りの働きをしてくれる。王道の強みがここにある。しかし、私にとって王道は「今すぐKiss me」ではなく「LOOKING FOR A RAINBOW」であることを明言しておこう。






f:id:g13longkill:20200307105025j:plain
f:id:g13longkill:20200307104719j:plain
男鹿の塩、そして柚子胡椒醤油。
この店のラインナップは飽きさせない工夫がある。因みに辛子、辛味噌、ゴマドレ。
ライスはおかわり自由だ!その心意気や良し。


む・・・・・・何か「胸騒ぎ」がする。





f:id:g13longkill:20200307105432j:plain

最後の一口になってしまった。
わさび醤油で締め、そして

f:id:g13longkill:20200307105535j:plain

豚汁で流し込もう。

因みにこの店はデフォルトで烏龍茶が出て来るところも憎いものだ。

f:id:g13longkill:20200307105714j:plain

私にこの豚を教えてくれたのは流石のミスター味っ子。是非皆さんも「赤いカツ丼」をご覧頂きたい。





ごちそうさまでした。

帰り際にBGMが「部屋とYシャツと私」になっていたことに関して言及してはいけない。
部屋に籠っていることもこのご時世当然大事だが、大海原を単独飛行しなければ出会えないものもある。













私にはどんな風が吹いているのだろう・・・、等と考えながらヤマダ電気の高級マッサージチェアに座り、坐骨神経痛の改善を図っている。ヤマダ電気はいつも通りの盛況と行ったところ。妻の機種変更に付き合っていたのだ。
駄目だやはり臀部付近をマッサージしてくれるチェアはまだ、ない。









さて今日もご存じの通り。
皆様であればこのテロリズムはお分かりであろう。

結果油臭を撒き散らした挙げ句、高級マッサージチェアにそれを染み込ませた犯人は私だ。




















すいませんでした・・・・・・!