g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

末廣ラーメン本舗 秋田山王本店 ラーメン並 TP味玉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕飯前のYouTubeは危険・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に気に入っているのは「黙飯」と言うチャンネルで、あの淡々とした進行度合いが実に良い。

 

しかしどうだ・・・。登場する料理はほとんどがとんでもないデカ盛り、もしくはその県屈指のサービス店・・・。

 

 

 

 

 

中でも中華鍋さばきに心を奪われるのが、各店で異なる作り方の

 

炒飯

 

であろう。

かまぼこの有無、野菜の種類、醤油を使うのかそれともチャーシューのつけ汁を使うのか、化学調味料を使うのかどうなのか・・・とまさに千差万別。

 

 

 

 

パラパラ系からしっとり系までを網羅する頃には私もやられたが、妻の方がダメージが大きい。その結果

 

 

 

「末廣の焼き飯が食べたい・・・。」

 

 

との言葉を残した妻の要望を叶えるべく、翌日の夜に向かわざるを得なかった、と言う訳だ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出ました・・・。

豚の出汁と、そして溢れんばかりにブチ込まれる必殺の化学調味料の融合体。

 

新福菜館の亜種であり、東北の人間好みに魔改造されたのがこの「漆黒の」一杯。

どう言う計算で放り込まれているのかが未だに理解できないチャーシューって言うか肉の群は、先程までスープの中に漬け込まれていた恐ろしい肉である。

 

ただ、この時点でレンゲを持つことはまだ許されない人種もいる。

 

と言うのも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、この卓上の無料入れ放題ネギをワサっと投入し、スープに沈めてから食べるのが私の流儀である。

 

ネギが嫌いならネギを抜けばいいだけのこと・・・。好きに食えば良いのさ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬぬぬぬぬぅ・・・やはりこの威力・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TA…MA…RA…NA…I…ッッッッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二郎系はペロリといけるが末廣は無理、と言う人も大勢いるくらいこのスープは暴力的である。

 

ただしょっぱい訳でもなく、ただ濃い訳でもない。何というか・・・やはり暴力である。

 

直ぐに喉が乾き、しかし水よりもこのスープを欲してしまうようならば最後、あなたはこのラーメンの虜確定事項です・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺上げされた直後にはあんなに白かった麺が、数分後にはこの有様。

まるで東幹久の肌の色が、彼の歯にまで浸透してしまったかの様である。

 

だが、末廣はこうでなければならないし、こうでなければ誰も納得しない。

 

That's it!!!

 

これしかないのだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープに浸された肉を喰らい、同じようにネギを喰らう。

たったこれだけのことなのに、箸が止まらない理由が未だ不明である。

 

「ネギが好きならばいくらでも入れろ。」

 

そう、末廣の店員でさえ一言も文句は言わない。そして・・・これで酒が飲みたい、そう思うのは私だけではないはずだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

このスープに埋もれながらも、しかしこのスープよりも味が濃い味玉とはこれ如何に。

 

そして是非オススメしたいのは味変の「酢」。この暴力ラーメンが酢の酸味の魔力により、味が丸くなる。

 

この丸みを帯びたスープで締めるのが私の末廣の流儀だ。昔は仕事が終わるのが23:00以降だったから、仕事終わりで特盛を食って帰る、等という、今考えればとんでもないことをしていたが、そこは若気の至り。

 

妻は焼き飯単品という、「通中の通」の注文。

因みに焼き飯単品だと付いてくるスープ・・・これも実に良いんですよ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久し振りの末廣に我々は大満足。

初めて焼き飯を注文される方は、あまりの塩分と濃さに最初はド肝を抜かれる可能性があるが、そこは心配無用。

 

ある程度ラーメンを食べ進めていくと、舌が慣れて焼き飯を美味しく食べることができるのだから。

 

以上の理由から一応ラーメン用のレンゲと焼き飯用のレンゲがそれぞれ渡されるが、大半の人間はもはや焼き飯用のレンゲを使わず、スープがガンガンに接着しているレンゲで焼き飯を食うことになる。

 

かくいう私もその一人だ(った)。

 

 

そして・・・そろそろ来るか・・・。

そう・・・急激な・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喉の渇きが・・・ッッッッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早くコンビニで水を・・・!!!

 

 

 

あと日本代表・・・・・・次はモドリッチか・・・。

「安定の天才」・・・厄介だぜ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pちゃんさん!!!

私は本場で富山ブラックを食べたことがないので・・・死ぬまでには必ず、と思っています。このラーメンがそれに近いかどうか・・・是非確認しに行きたい!!!

そして・・・仙台末廣に・・・行くしかありません!!!

 

 

muraさん!!!

夜来香の提供速度はマジで尋常じゃないです!!!

桜木屋も相当早いと思いますが、こちらはチェーン店・・・。確かに従業員は多いですが個人経営でこの速度は・・・。

是非一度本場でブラックを食べてみたいものです・・・。

そうなんですよ、気軽に行く分には非常に都合がいいと思います。冷凍系も少なからずありますし、やはりカルディとのコンビネーションが個人的には最高です・・・!!!

 

 

kami3sakiさん!!!

我が上司は・・・マジでポンコツ・・・!!!

そもそもの知恵がなく、仕事以外の知識も無い・・・。仕事の知識でも「理屈を節目できない」と言う最悪な輩なんです!!!

この店の速度は間違いなく・・・秋田最速でしょう!!!

 

 

 

 

 

 

因みにこれが末廣の焼飯、卵黄乗せです。