g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 焼きそばと付け合せ

















「g13さ・・・
















王様のレストランのビデオって持ってる?」



















大学3年のときの話だ。
サークルの切れ者Kさんが私にこう尋ねてきた。


「ありますけど、もう結構酷い状態ですよ。」









よく「テープが擦り切れるくらい」何て言う言葉があるが、まさにその通り。

私は

古畑任三郎(正直シーズン2まで)
王様のレストラン

が大好きで、当時良くその話をしていた。
Kさんも私の話のせいで、見たくなったらしく、冒頭の質問になったのだ。









今となっては三谷作品は殆ど見ていない。
有頂天ホテルで幻滅してしまった私は(好きな方がいたら失礼致しました)、それからの作品は見ていないのだ。

12人の優しい日本人ラヂオの時間は大好きだが、みんなの家になるとギリギリ。


やはり、熱い作家ほどネタは枯渇していくのか・・・。















とにかくその日にKさんの家にVHSを届けて、何故か一緒に見ることになる。


無能な支配人 西村まさ彦
作り笑顔のバルマン 鈴木京香
適当だが才能あふれるシェフ 山口智子
変に器用な大食いスーシェフ 田口浩正
才能のないパティシエ 梶原善
皿をやたらと割る皿洗い 杉本隆吾
フランス人、と言う理由で採用 ジャッケー・ローロン
スケベで雑な給仕長 小野武彦
機敏だが知識の無い給仕 伊藤俊人(故人)
知識を押し付けるソムリエ 白井晃



元々は天才シェフと伝説のギャルソンのお陰で栄華を極めていたフレンチレストランだった。

しかし天才シェフは、同時に優れたオーナーにはなれなかった。
自らに従わぬモノは片っ端から首を切り、その光景に嫌気を差した伝説のギャルソンは店を去った。

それでもシェフの料理のお陰で店はもっていたのだが、シェフが急逝したシーンが冒頭で流れる。








シェフの息子が西村まさ彦。
彼は無能だが、言ってみれば御曹司。
しかし、シェフには隠し子がいた。
シェフは死ぬ間際、その隠し子に手紙を送っていた。

弁護士から連絡を受けたその隠し子、成長して青年になった彼は決めた。

遺言通り、自分がオーナーになって店を再建すると。







その、世間知らずで空気を読めないが、実に暖かい心を持った青年 筒井道隆



は、そのために、遺言状に書かれていた伝説のギャルソンに連絡を取り、話をするためにその店で一緒に食事をすることになる。

その伝説のギャルソン 松本幸四郎




こんな感じで第一話が始まる・・・。


しかし、アレだ・・・


































俺の説明は長え・・・!!!



















きゅうりとトマト、そして炒めた玉ねぎを同じ容器に。
その後、別に炒めたオクラとピーマンを



ミリン

味どうらく
白だし
オリーブオイル


に漬けておく。
しっかり粗熱を取ることを忘れぬよう注意。


味が染み込むまで一時間は掛かるだろう。
その間・・・運動だ!!!














頃合いを見計らい、焼きそばの調理にかかる。

今日は嶋田ハムの残りのソーセージがあったので、それを肉の代わりに代用。


味付けはソースのみ。
何故ならば・・・何度も言うが、この天かすから異様にいろんな味が出てくるからだ。















完成だ。

ちょっとソースを入れすぎたが、酒のお供にはこれくらいが丁度よい。

妻には悪いことをしたが、しかしこの夏野菜はパーフェクト。

焼きそばよりもこっちをメインに食っていたぜ・・・。
お陰で私に焼きそばが多めに来るという、私が得をした結果となった。

まぁ・・・良いか・・・。



































とにかく、だ。

ご存知の方もいるであろう状況で、この無駄な説明・・・。

て言うか・・・知ってます?


食事の最中に筒井道隆松本幸四郎に「一緒に働いてくれないか?」と説得するのが第一話の根幹。



しかし上記の通り、店のスタッフは基本的にポンコツしかいない。
さぁどうするか、と言うストーリーになっていく。





私がKさんに伝えたかったのはだた一点。
Kさんは賢い方なので、余計なことは言わなくも問題ない。


それでも私は・・・言った。


「Kさんはとにかく・・・





































白井晃にハマると思います。」





















あのドラマを見て、白井晃を放っておける人間はいない、と言うのが私の持論だ。


皆さん、好きなドラマは・・・ありますか・・・?