g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 胃に優しいスープのはずが・・・















「最近さ、















読みやすい漫画がなくなったな。」

















なんて会話をしていたのが数年前のある日のことだ。






この日は大学時分の先輩であるHさんに会いに行くため、秋田県南でKさんと落ち合い、Kさんの車で山形に移動。



「g13、腹減った。」


「分かりました。横手やきそばは前回食ったんで、今日は稲庭うどん行きましょう。」


「良いね。」






なんて会話をした後、Kさんの運転する車内でKさんの口から出てきた一言である。

長編漫画の席巻&小粒な作者たちの留まらぬ台頭、そして異世界漫画の席巻&異世界系の小粒な作者たちの留まらぬ台頭。








何度も申し上げるように、私の漫画の知識も随分前で止まってしまっている。


もちろん個人的に面白いと思う作品は購入するし、いろいろ読んではいるつもりだが、全く追いつかない。

何なんだ。
無料漫画アプリって・・・。


そんな感じで談義しながら増田町へ。
本当は本店に行っても良いのだが、あそこまで行くと物凄い遠回り。


よって支店である


https://www.sato-yoske.co.jp/shop/urushigura/


こちらに向かう。
資料館と謳ってはいるが、正真正銘佐藤養助の支店で、県外からの客の方が多いかも知れない。









以前も書かせて頂いたが

稲庭うどんは家で食うな、店で食え

これは鉄則中の鉄則だ。
茹でるまでは良い。
しかし、あのうどんを締めるのは家では無理だ。
もし実践するならば説明書きに忠実に。












そしてこれから行く機会のある方。
必ず

稲庭うどん 二味せいろ

を注文して下さい。
温かいヤツや天ぷらと食べたりせず、しっかりとベースを味わって。


グリーンカレーレッドカレーに付けて食うのは、稲庭うどんを食い慣れている連中が注文するヤツですから!!!










案の定、である。

舌が肥えているKさんが、一口食べてこう言った。


「g13、俺・・・




























もう一つ食って良い?」






























「どうぞどうぞ。」

















何故・・・こんなモノが家の食卓に・・・。
赤身&中トロは良いにしろ・・・このサイズの大トロ・・・。


妻は自ら塩マグロの作成に入り、現在この状態。
しかし・・・全然水分が出てこねえ!!!

昨今の冷凍技術・・・。
危険だ・・・。














手羽元を茹でて脂を抜き、再度圧力鍋で骨の髄まで出汁を取る。

他に入れる具材は長芋とセロリ、後は直前にベビーコーン・・・。


本来、今日の晩飯のメインはこれだったはずなのに・・・。












刺し身はまぁ良いとして・・・。

結局大トロは刺し身にしても、妻が食べられないとのことで、急遽ニンニク醤油で炒めることにする。
何とか中のレアは保ったままだが、正直・・・自信がねぇ・・・。














完成だ。

胃に優しくねえマグロ軍団の襲来・・・。
刺し身とスープは何とかしたが、あまりの脂のパワーに、私と妻は二切れでギブアップ。


翌日休日の妻に託して、この日は終了。

私は・・・既に脂酔の兆候が・・・!!!





























もう一度言う。


稲庭うどんは店で食え


これは公理であり定理であり、背理法でも帰納法でもQED

完全無欠のエレガントな公式なのだ。







結果、二人分平らげたKさんは

「土産にHにも買っていこう」

と言ったのだが、私が全力阻止。


「せめてうどんのツユだけでも買っていこうぜ。」


と言うKさんに、私は心苦しいながらも言わざるを得なかった・・・。




「Kさん・・・





























蕎麦の国の人ですよ・・・。」





























「なるほど・・・。」
















と言うことで、秋田名物の購入は、KさんとHさんが秋田に来てから薦めると言うことになったが・・・。


特に県南は・・・土産にするものがなにもねぇ・・・。
よってHさんには「いぶりがっこ」・・・以上だ!!!


ただ蕎麦を逆に食い慣れているHさんには「あ、うどんのツユは気になるな」と言われてしまった。
俺の・・・・・・ミスだ・・・・・・。
























Pちゃんさん!!!
まさに奇跡のワンプレート!!!
甘・辛・酸・苦の全てが揃っており、全部が美味いです!!!
綺麗に食べるのが・・・好きなんです・・・!!!