g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 魚の煮付けが食いたいってよ




















呆然とする私とオーストラリア人。




















踵を返し、とっとといなくなる警備員・・・。




















もう兄ちゃんは絶望の表情・・・。


「あんなこと言われたら・・・もう・・・。」


「おい、気を落とすんじゃねーよ。死ぬ訳じゃねーだろ。」


「・・・ありがとう・・・ミスター・・・。色々手伝ってくれて・・・。」




おいおい俺は何もしてねーぞ・・・。
そして、その地獄みたいな表情なんとかしろよ全く・・・。

まぁしかし、旅にPCを持ってくるようなヤツ・・・。
休暇中にでもメールチェックとかすんのかな・・・。










しかし、私は初歩的なことに今更気付く。
成田や羽田程ではないにしろ、ここだって北日本の玄関口だ。

空港内のショップに電気屋があれば、変換器が買えるんじゃないか・・・?!?!?!





私は直様兄ちゃんに


「おい、ここから動くなよ!!!」


と伝え、兄ちゃんからコンセントを一時強奪すると共に、早急に移動し空港地図を確認。
よし!!!電気屋ある!!!


一目散に電気屋に向かい、コンセントを照らし合わせる。
どうやら日本で言うところの「Oタイプ」と言うことで、しっかりと変換口を確認し購入。


戻ってみれば、兄ちゃんは先程の椅子に座り、しかし顔を手で覆っている。



「おい、買ってきたぞ。」


と言って品物を見せると、彼は喜びの表現方法を「ジャパニーズでは考えられない程ダイナミックに」表した。



「マジで!!!マジで!!!ありがとう!!!なんて言って良いか!!!!」


名画「The Rock」の冒頭、エド・ハリスが墓参りの際に言った力強くも切ない「I miss you so much.」以上のso muchを伴った


「Thank you so much!!!!!!!」


を聞くことは、恐らく今後の人生では経験出来ないであろう。












財布を取り出し金を払おうとする兄ちゃん。


「いくらだった?」


「金はいらねぇよ。旅で使え。」


「いや、でも旅が楽しく続けられるのはミスターのお陰だよ!!!」


「だからいいって。気にすんな。じゃあな、楽しい旅にしろよ。」



と伝え、戻ろうとしたとき、である。
このオーストラリア人は「タチの悪い日本人にたぶらかされたとしか思えないアクション」を、日本語の挨拶と共にやってのけたのだ・・・。




「アリガトウゴザイマシタ。」




・・・・・・・・・・・。

「おい・・・一礼は良いが・・・





































合掌しろなんて誰に教わったッッッッ!?!?!?」





















普通に豚汁が食いたくなって具沢山豚汁を完成させてしまった・・・。

ベタに
豚肉
ニンジン
ゴボウ
こんにゃく
豆腐
ネギ

スーパーシンプルなヤツだ。
















砂糖
醤油
ミリン

を調整して、とにかく沸騰させる。


沸騰したら、カレイの切り身✕2&生姜を投入。
外側に火が通り、煮崩れ防止策が完了したら、キッチンペーパーで覆って、中火で煮込む。














完成だ。

もろに和食で統一してしまった訳だが、カレイの煮付けが予想以上に上手に出来てしまい、米がないことを悲しまずにはいられない・・・・


しっかりと味の染みた魚・・・。
定食にすべきだった・・・!!!

































おいおい!!!
俺は坊主でも仏でもねえッッッッ!!!

感謝の意味を込めてはいるんだろうが、そりゃやり過ぎじゃッッッッ!!!


「ノーノー!!!違うぞ、おい!!!」


と詰め寄り、合掌していた手を引きな離し、兄ちゃんのジーンズの横のラインに手の中指を強制的に合わせる。



「人に感謝を伝えるときはこうだ!!!」



と、私が体を張って実践。


「よし、お前もやってみろ!!!」


何故か急に体育会系お辞儀レッスンが開幕し、即閉幕。

最後はシェイクハンズで終了、と相成ったのだ。



















踵を返し、携帯を確認するとMから何件か連絡が入っていることに気付く。

歩きながら電話を操作し、Mに電話を入れ顔をあげると・・・Mの野郎・・・































コッソリ陰から見てやがった・・・ッッッッ!!!


















次回・・・ラストです・・・。

















bollaさん!!!
実際は12年くらい前の話ですが、仰る通り「サムスンNO!!!」には度肝を抜かれました!!!
絶対に・・・面倒事が嫌だっただけだと思います!!!



Pちゃんさん!!!
この牛すじ、そして仰る通りこの豆腐が恐ろしい美味さ!!!
この豆腐を食うために注文しているようなモンです!!!
このジジイは、外国の方と絡むのが絶対に面倒だっただけでしょう!!!



muraさん!!!
キーマをお通しで提供するのは「空きっ腹にアルコールを入れて悪酔いしないよう」と言う店主の気配り!!!
最後のメンマは炒りゴマ・ネギ・胡椒でしたが、やはり企業秘密の味付けと仕上げのラー油が絶妙です!!!
その卵焼き・・・大変過ぎます!!!
出来立てのバターは問答無用の美味さがあります。アレを食べただけで、北海道最高!!!と言えます!!!
能登・・・羨ましいッッッッ!!!