g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 8つじゃなくても八宝菜
















飛行機のシートのサイズが

















全く合っていないM。















120kgオーバーの巨漢には随分苦しかろうが、そこは我慢して頂かなければならぬ。

初フライトは緊張もするだろう。
CAから各種説明が入り、一つも聞き逃すまい、と言うオーラがMから伝わってくる。





私は前の仕事で何度か乗っていたし、初着陸が伊丹空港着陸だったので、一発で鍛えられた(事件があったし)。









まぁそんな話は置いておいて。

さて、ついに飛行機が動き始めた。
次第に速度を増す飛行機。


隣を見ればMは「窓から目を離すことが出来ず」そして「私にしか聞こえない程度の唸り声」を絞り出している。



この「G」を喰らうのは私もなかなか慣れない。
そろそろトップスピードとなり、これまた次第に角度を傾けていく機体。



Mの唸り声もそろそろピーク。



私もそうだが、コイツも相当気持ちが悪くなっているのかもしれない。
まぁそれでも機体が安定するまでの短い時間の話だ。




ようやく空に舞い上がった機体はゆっくりと上昇し、普段は見ることの出来ない景色を見せてくれる。







窓側に座ったMは外の景色に釘付けで、



「楽器屋のショーケースのトランペットを凝視する少年」

の様になっている。




私も初めて乗ったときは外の景色から目を離すことが出来なかったことを思い出す。
少し慣れてきたのか


「凄いですね・・・。何もかもが・・・。」


初めて自転車を見たときのラストエンペラーみたいなことを言っているが、それも良し。


ただ、だ。
この軍事兵器マニアの側面も持つこの男は、今搭乗している飛行機について、盛大な勘違いをしていたので、訂正した、という訳だ・・・。


「g13さん・・・やはり





























ジェットエンジンは素晴らしいですね・・・。」
































「これ・・・プロペラ機ですけど・・・。」














f:id:g13longkill:20220320213253j:plain
f:id:g13longkill:20220320213320j:plain

人参
キクラゲ
キャベツ
かまぼこ

を食べやすい大きさに切り分ける。


同時に合わせダレを作っておく。


昆布茶

白だし
ミリン

片栗粉


をよく混ぜておく。


そして・・・カメラ復活!!!!!!








f:id:g13longkill:20220320214414j:plain
f:id:g13longkill:20220320214441j:plain


厚めの豚バラを細切りにして、ごま油と5102スパイスで炒める。

全体に火が通ってきたら、エリンギの薄切りを投入し、水分を飛ばす。


そのうち、豚バラから脂や水分が出てくるので、蒸発させるくらいまで炒め・・・












f:id:g13longkill:20220320214715j:plain
f:id:g13longkill:20220320214738j:plain

残りの具材を全て投入、

全体に火が通り、絡まったタイミングで合わせダレを。


よく鍋を振り、タレを満遍なく合える。












f:id:g13longkill:20220320214934j:plain





完成だ。

汁物は卵と大根の味噌汁。
ちょっと味が濃いかな、と思ったが妻には好評だったのでOK。

実は・・・ベビーコーンを入れ忘れたのは・・・未だに妻も気づいていない・・・・


皆様も是非、墓場まで持っていって頂きたい。
そう・・・切に願うばかりだ・・・。
































秋田空港から出る機体なんて、ほとんどプロペラだぞ。そんなに乗る人間がいないんだから。」



と言うと、首が千切れるんじゃないか、と言う勢いで窓の外に目をやるM。



「本当だ・・・。」



お前は搭乗前から今まで、見ていて気づかなかったのか・・・。





そんなタイミングでCAが機内サービスの

お茶
りんごジュース
スープ

の選択肢を我々に与えてくる。
私は即座にスープを注文。



「g13さん・・・スープがお薦めなんですか・・・?」



「俺はダントツでスープは派だ。」



と、二人ともスープを選択。
一口飲んだ直後Mは・・・


「これは・・・・・・・・・




























人生最高のスープです・・・。」



























それは言い過ぎだろ・・・!!!













まぁ緊張もほぐれて落ち着いたときにこのスープは、確かに沁みるモノがある。
一旦安堵したMだったが



着陸時にまたもや「あのG」を感じ、気分が悪くなる



ことになるととは思ってもみなかったようだ・・・。











Pちゃんさん!!!
ラーメン道···邁進致します!!!
エゾジカでも狩る気だったのでしょうか···!!!
それとも牡蠣の殻でも開ける気だったのでしょうか・・・ッッッッ!!!