g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 キノコのクリームパス・・・・!!!!



















数日後・・・

















Hと共に漫喫に行く。
















道中、「ここは押さえた方が良い」と思うべき有名どころを説明。

今回は細かくジャンル分けをせずに、例えば



週刊少年ジャンプの鉄板
週刊少年マガジンの鉄板



のように、雑誌別で抑えて行く。






「お前、ジャンプで読んだことのあるヤツって例えば何?」



「そうっすね。「ドラゴンボール」「北斗の拳」くらいですかね?」



「はぁ・・・・!?お前・・・・・何にも読んでねーな・・・。「SLAM DUNK」も「幽☆遊☆白書」とかも読んでねーのか?」



「いや、アニメでチラッと見たことはあると思うんですけど・・・。しっかり漫画で読んだことはないですね・・・。」




コイツ・・・マジか・・・・。
大学に入学する前の友人との会話の話題はなんだったんだ・・・・。





取り敢えず「入門編」として

◾️SLAM DUNK
◾️幽☆遊☆白書
◾️るろうに剣心
◾️ヒカルの碁


辺りをチョイス。



私とKさんの間では「第2次ジャンプ黄金期」に属する作品群だ。
もちろん第一次は「北斗の拳」や「キン肉マン」等。




「基本少年誌はバトルモノが多いけど、展開や構図に細かい工夫があるから、そこら辺も頭に入れておいて読んだ方が良いぞ。」



「「SLAM DUNK」もやっぱり読んだ方が良いんですか?スポーツ漫画ですし、俺あんまりスポーツ詳しくないですけど。」



「・・・・・・・。おいH・・・SLAM DUNK」舐めんなよ・・・。」


「・・・分かりました・・・。でもg13さん・・・。」


ここからのHの発言は最もなモノで、そして「読んだことのある方々」は、私の発言も「最もなモノ」と判断してくれるに違いない、と私は思うのだ・・・・・。




「俺・・・「囲碁」なんて分かんないですよ・・・。」



「H、俺も囲碁は知らん・・・。ルールも大体しか分からん・・・だがな・・・「ヒカルの碁」は・・・


































そう言う概念を凌駕する・・・。」















f:id:g13longkill:20220314172233j:plain
f:id:g13longkill:20220314172330j:plain


ベーコン
マイタケ
シメジ
椎茸
芽キャベツ

を5102スパイス&オリーブオイルでソテー。

キノコの水分をある程度飛ばす。











f:id:g13longkill:20220314172731j:plain

残っていたホイップを投入し、煮詰めていく。
パスタを入れれば味は薄まるので、ちょっと濃いめに味付けを。




パスタが食べたい、と妻が言っていたので今日はこんな感じだ。


ソースが完成する前に妻から連絡が入る。

よし、このタイミングで麺を茹でれば丁度良い・・・・・・・・・・・・













f:id:g13longkill:20220314173018j:plain


・・・・・・・・・・・・。































パスタねーじゃねーかッッッッ!!!!

















おい!!!!
150gくらい残ってたはずだぞ!!!!

即妻に連絡すると・・・


「あ・・・そう言えばこの間使ったかも。」


使ったかも、じゃねえッッッッ!!!


「パスタを買って帰るのが面倒だから、稲庭うどんで良いよ。」


と言うことだったので・・・













f:id:g13longkill:20220314173432j:plain
f:id:g13longkill:20220314174259j:plain

もうやるしかない・・・。

まぁ同じ小麦粉製品・・・・。

何とかなるだろう・・・。










f:id:g13longkill:20220314174418j:plain




完成だ。

意外や意外。
十二分に美味い飯が出来上がった。

一旦水で締めた稲庭うどんの威力は流石に絶大。アルデンテどころか「あの歯ごたえ」を十分生かすことが出来たと言えよう。


妻も満足していたが「軽く説教」したのは、言わずもがな、である・・・。


































その日結果としてHが最も気に入ったのは


ヒカルの碁


であった。

これぞ平和的とは言え、対局の演出はそこらのバトル漫画を遥かに超えるし、何より物語の構成が素晴らしい。


本当はサイが消えて終了予定だったモノを、「当時の編集者が無理矢理伸ばした」と言う噂が絶えなかった。

そして「後半いらない」と多くのファンから苦情が殺到したのは記憶に新しい。









しかし、である。
それが週刊少年ジャンプ

るろうに剣心だって、「志々雄真実」で終わっていれば・・・と私個人としては思うって言うか・・・「縁の設定と使い方が雑」なのだと思う。








正直「ヒカルの碁」の後半は、私は賛成派の人間だ。


まぁ・・・先述の通り、無理矢理続投させて後半ボロカスジャンプ作品なんてのはいくらでもある。


ですよね・・・あぽろんさん、harusakikaiさん、ふつ映さん・・・

































魁!!男塾」みてーに・・・ッッッッ!!!





















男塾ブログは後日また・・・。















Pちゃんさん!!!
本当に不思議な一杯でした・・・!!!
こんなに優しい味のラーメンが存在するとは・・・!!!
意識しているのは「最後のスープには具材を残さない」と言うことですかね・・・!!!