g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 レバニラの主役は野菜かもしれない






















前半で気に入った映画は多く・・・















確実に「本数」と言う経験値が増えていく。















しかし、「面白いと感じるのもまた主観」である。
皆が面白い、と言っても気に入らなければ気に入らないのは当然のことで。

思えば


「総合的に食わず嫌いをしない」

と言う思想になってきたのもこの頃からだ。


例えば「あの俳優は顔が嫌い」だの「あの女優の声が嫌い」だの。
「あの芸人の雰囲気が嫌い」だの。



その本質、上記で言えば「仕事」になる訳だが、それを把握せずして語ることは出来ない。



そんな中、小木茂光塩見三省上田耕一山下容莉枝、そしてサンシャインボーイズ等の演技に釘付けになっていく。
当時でこそバイプレーヤーと言う言葉はそこまで有名ではなかったが、「あ、この映画、この俳優が出演してるんだ。」何て言う見方をすることも可能になってきた。


純粋に作品だけではなく、演技力や構成力、画角なんかを気にし始めたのもこの頃からだ。


反面「評論家気取り」にならないよう注意もしないといけなくなるが。






カ行もサ行も秀逸な作品が多く、ベタで申し訳ないが

家族ゲーム
集団左遷
12人の優しい日本人


等は、その時私が衝撃を受けた作品群だ。


















折しもその年代、ブラッド・ピットのセブンがレンタルビデオ屋に並び、旧作になって何日か経った位のタイミング。


クラスは「セブンの再燃」を彷彿とさせ、「例のラストシーンの賛否両論」討論会の真っ最中。



「おいg13、お前セブン見た?」



「嫌、見て無いけど・・・。」



「絶対見た方が良いよ!!!嫌、見ないとダメ!!!」





男女問わず四方八方から「セブンの圧」が飛んでくる中、映画好きのHが


「g13、最近見た映画何?」


と問う。
正直に答えたことを後悔するのは、皆のリアクションを見た後だったのは・・・言うまでもない・・・。


「えぇっと・・・






































「ザ・中学教師」かな。」





































・・・・・・・・・・・・・。

























f:id:g13longkill:20211222144327j:plain
f:id:g13longkill:20211222144615j:plain

豚レバーに塩・胡椒で下味を。

それから、小麦粉でコーティング。
油多めで小麦粉に焼き目が入るまで炒める。










f:id:g13longkill:20211222145017j:plain
f:id:g13longkill:20211222145331j:plain
f:id:g13longkill:20211222145650j:plain
ニラの根元部分から強めの火加減でブン回す。

即火が通るので、間髪入れずに他の野菜を投入。
軽く塩を振っておく。


今回の味付けは、必殺のエバラ。
と、ちょっとのニンニクと醤油。

不味くなる要素は・・・ゼロだッッッッ!!!














f:id:g13longkill:20211222150137j:plain




完成だ。
前述の通り、不味い訳が無い。

レバーが苦手な人、ニラやニンニク等香りの強い野菜が苦手な人は別のメニューを食えば良いだけの話だ。


ただ・・・食わず嫌いは・・・ダメだ(少しは認める)!!!


え・・・俺だって苦手なモン位ある、って言うかいる・・・。
「ある女性俳優×2名」は・・・どうしても無理だ・・・!!!!
































「は・・・?!・・・・g13くん何言ってんの・・・?!」




「おいg13、そんな映画知らねえよ!!!」




「随分古い映画が好きなんだね。」





一週して罵詈雑言の様に聞こえる・・・。
しまった・・・嘘でも「カリオストロの城」とか言っときゃ良かった!!!


完全に「映画マニア」の部類に入りそうになった私は、


「いやいや!!!、普通にジブリとかダイ・ハードとか見るって!!!
その映画の前には「マディソン郡の橋」見たんだから!!!」




「ふ~ん・・・。」



みたいな微妙な空気は流れたが、何とか「変な映画野郎」のレッテルは貼られずに済んだ・・・。





◾️ザ・中学教師

何を是とするでもないが、とにかく「信念を持つと言うことはこう言うことだ」と言うのを考えさせられる。
長塚京三カッコ良過ぎ、范文雀ヤバ過ぎ、でんでんキレ過ぎ、そして・・・・・樹木希林・・・・・・








































爪痕残し過ぎ・・・・ッッッッ!!!


































誰も知らねえって・・・・・・!!!















ふつ映さん!!!
私も若干のドラえもん野郎なので、苦もなく見れましたが・・・寅さんは辛かったです!!!
特に10作品目以降辺りから・・・!!!