g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 何度でも煮よう、大根を。




















面子が揃い、
















ボウリングが始まる。
















私はボウリング初体験。
なんか、ズルズル滑る靴を履かされ、玉の穴にどの指を入れるのかも分からないポンコツ


「俺結構自信あるよ。」


と笑顔で言うTさんは、さっきまでトイレに籠城していた男とは思えない程イキイキしている。


「ハイスコアってどれくらいなんですか?」


と言うHさんの問に


「200!!!」


と勢い良く答えているが、それが凄いのかどうかも不明だ。

取り敢えず周囲を見渡し、どうやって投げるのかを勉強。


まぁ、何となく投げ方は分かったが、果たして真っ直ぐいくかは分からない。



「よし!!!じゃあ俺から!!!」





元気アリアリ、自信満々のTさんが第一投目。
Tさんの指から勢い良く放たれたボールは、レーンを真っ直ぐ進み、ピンを蹴散らす。

しかし、ストライクにはならず、ピン1本が残る。


「クッソ・・・1本残ったか・・・!!!」


そのままサッともう一度投球。
あっさりスペアを取り、タバコに火を着けている。





私以外の皆が少なくとも一度は、どころか何度もプレイをしている経験者。
勿論中には慣れてない人間もいるが、大抵はガーターになぞならない。



先程キックマシーンを破壊したJに至っては、力が有り余っているのか、放たれたボールがとんでもないところまで飛んでいき、ピンまで破壊する勢いである。
バウンドの衝撃でレーンすら壊しそうなパワー。





私の・・・番だ・・・。





足元も覚束ない状況で16オンスのボールを持ち、ヨチヨチと進む。

次第に滑っている状態になり、軽く制御不能

とにかく振りかぶって投げようとしたときだ・・・。































指がうまく抜けねえ・・・・・ッッッッ!!!
















f:id:g13longkill:20211209153844j:plain
f:id:g13longkill:20211209153906j:plain


帰ってから即、このバカ安かった甘エビをユッケにすることだ。

尻尾の殻を取った状態で

エバラ:醤油:ミリン=2:2:1

の割合の汁に浸けておく。












f:id:g13longkill:20211209154801j:plain
f:id:g13longkill:20211209154952j:plain

今日も大根だ。

ハッキリ言って、貰った大根を使い切るには最低4日は欲しい。

一食で8~10cmが限界です!!!


醤油
ミリン

昆布茶

に大根と椎茸を入れ、沸騰してきたら豚肉を投入。
灰汁を取り続け、ひたすら煮込む。












f:id:g13longkill:20211209155254j:plain




完成だ。

このタイプの炊き合わせ系は、何度食っても飽きない・・・。
大根以外を簡単に変えられるし、その時々で違う顔を見ることが出来る。

ナイスな一品だ。


エビのユッケは味が濃かった場合を想定し、温玉を用意したが完全に杞憂。
コイツもひたすら簡単だ・・・・!!!































「あれ・・・これ・・・やべえ・・・。」




そりゃそうだ。
そのポジションでは本来指から離れていなければならないボウリングの玉が、まだ指が刺さったまま。

だんだん私の腰の位置→肩の位置→頭の位置と振子の運動力がMAXになる。




しかも玉の重さに引っ張られ、力が前へ。


私の体はレーンに引っ張られ、ようやく抜けたボールがまずは鈍い音と共にレーンへ落ちる。


その後直ぐに軽く宙に舞った私がうつ伏せの姿勢でレーンにダイブ。


「やたらと勢いのある柔道の前受け身」

を取るハメになった、と言う訳だ。











マイセルフダイブファールから帰還した私を待っていたのは、爆笑が鳴り止まぬ先輩たちからのハイタッチ要求。



「え・・・俺・・・どうなってました・・・?」


ようやく落ち着いた笑いから、Kさんが話す。



「いや・・・・アハハハハッッッッ・・・・・なんかねぇ後ろからだと・・・g13の体内から・・・

































ボールが上に飛び出た感じ・・・・!!!!」
































まだ・・・一投目だ・・・・!!!











Pちゃんさん!!!
まさかのキック力・・・!!!
この男は酔うと・・・マジで破壊王になるんですッッッッ!!!