g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 ナポリタンの麺抜き























早速翌週から。




















待ち受けるはオークス&ダービー。















どうやらYから聞く内容とダビスタの能力はやはり違ってきており、ただしブラッドスポーツであることに変わりはない。


それはあの日本に旋風を巻き起こした当時最高の種牡馬


サンデーサイレンス


の仕業である。









◾️サンデーサイレンス

イージーゴアと共に、1980年代後半から1990年代前半にかけてアメリカ競馬界を震撼させたモンスター。
種牡馬として日本に来たら


「競走馬時代の数倍活躍する」


と言う謎の偉業を為し遂げることになる。
実際、中央競馬種牡馬として未だ多くの記録を残している。
競馬を知らない方でも耳にしたことがあるかもしれない「ディープインパクト」もサンデーサイレンスの息子だ。




オークスでの有力馬は間違いなくエアグルーヴ
この女傑は結果的にとてつもない成績を残すことになるのだが、ここでは一旦置いておこう。





この年の3歳馬(当時は4歳馬)はサンデーサイレンス産駒が席巻し始める。


既にイシノサンデー皐月賞を制し、無論サンデーサイレンス産駒。


前年にはジェニュイン、タヤスツヨシバブルガムフェローがG1を獲得するなど、次第に日本競馬界を染めていく。










この年のダービー、私が初めて馬券を買ったレースでもある。
金の無い高校生。

イシノサンデーと、勿論もう1頭は


ダンスインザダーク



しかも武豊とのコンビとなれば期待しか高まらない。
天才と言われた武豊はここまでダービージョッキーの経験はないが、この百戦錬磨の化物なら何とかしてくれるはずだ。














レース当日。
私はテレビの前に釘付けである。

レースは順調に進んでいる。
最後の長い直線。

東京競馬場の直線はいつ見てもヒヤヒヤものだ。


順調に伸びるダンスインザダーク


・・・・・・・あれ・・・・・・・・・・・







































フサイチコンコルドなんて知らねえぞッッッッ!!!















f:id:g13longkill:20211205175418j:plain

パスタの代わりは最早エノキで十分だ。
まずは5102スパイスで、タマネギと共に炒めよう。






f:id:g13longkill:20211206132630j:plain
f:id:g13longkill:20211206132654j:plain

軽くタコさんにしたソーセージ、ピーマンを加える。

ソーセージがタコさんの形になったら、火の通り具合はOK。

若干のウスターソースと、ケチャップ投入で調整。









f:id:g13longkill:20211206132909j:plain
f:id:g13longkill:20211206132945j:plain




完成だ。

炭水化物抜きバカは、マジで何でも抜く。
ナポリタンでも焼きそばでも何でも来い。

全部ヘルシーにしてやるぜ。


ケチャップの味の濃さと、野菜の多さが満足度を上げてくれる。


なかなか良い料理である。






























後年、武豊フサイチコンコルドの藤田騎手にレース前、馬上から


「馬の調子良さそうやな。」


と言ってしまうくらい、仕上がりが良かったらしい。
実際、フサイチコンコルド以外の他馬と比べればダンスの脚は良かった。

事実、2着に入っているし。


しかし、フサイチコンコルドの末脚は追随を許さなかった。



私はテレビの前で固まる・・・。



















翌日月曜、Yが来るのを待つ。
私は高校から遠方のため、学校に到着するのがやたらと早い。


しばらくすると、明らかに落胆の表情を隠せないYが無言で私の前に立つ。

そして・・・一言・・・・。
































「お年玉の残りが無くなった・・・。」
































・・・・・・・・・・・。























残りのG1も大事だが・・・やはり次は菊花賞!!!