g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 秋の味覚も続けば飽きるパート1




















待つこと十数分。
















校門から出てくるK。















聞いた話を整理すると



・一週間程前Hに、後輩のRがカツアゲにあった


・その際Hは刃物を(バカか!!!)


・財布にあった数千円を取られた


・翌日その話が校内に広まる


・学年と私の高校の制服、と言うことは判断がついた


・何人か朝と下校時に犯人を割り出すため「出身中学をバラバラにして」主要な駅に配置&待機


・無論私の高校がある市の駅にも下校時に配置&待機(Rをここに配置)


・数日後ロックオン


・同じ中学出身のヤツが、卒業アルバムを学校に持ってきて、ほぼ全員が視認


・どう裁くか、を検討中、今日の捕物帖発動




と言うことだ。

・・・・・・・・・。



どういう統率力だッッッッ!!!?!?!?
その力を別のことに活かせんのかぁ!?!?!?


マジで軍隊じゃねーかよ!!!

と、軽くツッコミを入れたのだが、その後輩のRと言うのがどうやら苦労して学生生活を過ごさざるを得ないヤツで、



「金を取り返そう」



と、皆一丸となったらしい。
そう言や、俺にイチャモンをつけて来る連中がいなくなったのも、この謎の統率力の賜物か・・・。





「ところでHは?」



との私の問いにKは



「金を返してもらって裏から帰した。アイツマジで悪いヤツだな。」



「まぁ普段は普通のヤツなんだけど、たまに小悪党になるんだよ。」




その日は遊ぶ時間がなくなったため、適当にブラついて帰った。
















土日を挟んで月曜、私が登校すると同じ中学の先輩Yさんに呼ばれる。
Yさんは中学のときはノーマルな男だったが、高校で急にプチヤンキーになったでお馴染みの男だ。



「g13、お前昨日なんかあった?」


隠す理由も無いのでYさんにザックリ話すと・・・


「お前・・・U(Hの中学の先輩)に






































目付けられてるぞ。」













































どうしてそうなる・・・??????!!!


























f:id:g13longkill:20211103114132j:plain

確かに貰えば嬉しい訳だが、全てのモノがこの4倍位ぇあるッッッッ!!!


私に課せられたミッションはただただ「消費」。
もう少し言えば「美味しく消費」。

素材の味を壊さぬよう、シンプルにいくしかねえ。
よって本日は北東北風(?)に言うと芋の子汁を作ることにする。













f:id:g13longkill:20211104120148j:plain
f:id:g13longkill:20211104120224j:plain


本日の材料を整理。
こんにゃくと大根は豚肉と共に炒める。

で、出汁を入れた後に投入するのが

下茹でした里芋
豆腐
大量のナメコ


先ずは豚肉を炒めよう。













f:id:g13longkill:20211104120440j:plain
f:id:g13longkill:20211104120515j:plain


豚・こんにゃく・大根は胡麻油で炒める。
大根の色が変わってきたら


出汁

を入れて加熱し沸騰直前で残りの具材を入れて火を通す。

後は味噌で調整して













f:id:g13longkill:20211104120721j:plain
f:id:g13longkill:20211104120843j:plain





完成だ。

食べる直前にセリの根の部分を入れて火を通す。

葉の部分は最早生で食えるレベルなので、三つ葉と同じ感覚で良い。

しかし、秋のセット・・・豪快に使っていかないと、食べきるうちに悪くなってしまう・・・。

誰か・・・貰ってくんねぇか・・・!!!








































何でそんな状況になっとるんじゃあッッッッ!!!
どっちかと言えば、俺がいたからHは無傷で帰ったんじゃねーのか!?!?!

Yさんが言うには


・カツアゲしたのは事実だが、金額がおかしい

・多く金を取られた

・俺(g13)が手招きし、Hを引き渡した




・・・・・・・・。
特に最後・・・どういうこっちゃッッッッ!!!!



私は今回の経緯を丁寧にYさんに説明。
眉間に変な皺が寄るYさん。



「え、じゃあお前は特に何もしてねーじゃねーか。」



「Yさん、Uさんと直接話をさせてください。」



「おぅ、俺も行くわ。ついてこい。」






















結局Yさんと私とでUさんに説明。
何ならKから直接聞いても良い旨伝える。





結局全てバレてHはボコボコにされたのだが、翌日、私の顔を見るなり・・・





































「ちょっと、昨日のHEY×3見たか?!?!?!?!」



































・・・・・・・・・・・・。















Hと言う男の感情が分からない、そう思った・・・。

















Pちゃんさん!!!
当時モテたかどうかは分かりません(硬派なヤツでして・・・)!!!!
ただ・・・残念ながら・・・現在はずいぶん太ったらしいんです・・・・・・!!!!!



ふつ映さん!!!
こんなオチで・・・申し訳ございません・・・!!!