g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 唇が真っ赤に染まるだけナポリタンを食いたい日もある



























またかよ・・・
















と思い、ある程度の覚悟は決める・・・。
















以前のブログにも書いたのだが、ちょっと別の話を。







私は高校時代、自分の高校とは異なる市の高校の友人と遊ぶため、放課後たまに電車でその市に向かう。

普段はチャリ通学だが、そう言うときはバスで学校へ、そして電車でその市へ、その市から自宅までバス、何て言う手順だ。



当時は携帯も普及していないし、ポケベル何て持ってもいない。

専ら駅で待ち合わせをする訳だ。





当時の私は授業中は眼鏡をかけるが、普段は眼鏡をかけない。

視力は良くなく、目を細めることも少なくない。
遠くから歩いてくる友人のを探すために目を細めて認識しようとするのが常だ。



しかし、問題が二つ。



・私は目付きが異様に悪い

・その高校は県内きってのドヤンキー高校




以上の問題から浮上する結果として


「その度に私が絡まれる」


と言うことだ。
そして、ここから新たに浮上する問題が


・私は黒帯持ちなので、喧嘩をすると私が責任を負わざるを得ない


と言うモノ。









「何見てんだぁおいッッッッ?!!??!!」


は納得出来るが(いや、出来ない)、


「何目を逸らしてんだぁおいッッッッ!!!??」


こっちに関しては不条理そのもの、である(何度もあった)。









結局駅の裏に連れて行かれるのだが、私の決まり文句


①「まず言っておくが金はねえ。」

②「俺は黒帯だから喧嘩は出来ねえ、好きにしろ」


以上だッッッッ!!!






ここで大概のヤツはやる気を失くし、何処かへ行くのだが、違うベクトルに気合いの入っているヤツは


「おい、オメー何しに来てんだぁ、コラァ!!!」


と言う台詞を吐く。
私は素直に「お前らと同じ高校の友人に会いに」と告げる。


そうすると、だ。
襟元を見れば学年が互いに理解出来る訳で。
ヤンキー漫画みたいな展開なのだが、相手が私よりも上の学年だったとしても、そいつらに友人のフルネームを告げると・・・

































「え・・・マジで・・・・。」








































俺の友人(K)はどんなポジションなんだ・・・・!!!!!















f:id:g13longkill:20211030154645j:plain
f:id:g13longkill:20211030154512j:plain

いつもの、本当にいつものナポリタンである。

具は

タマネギ
マッシュルーム
ソーセージ(ちょっと良いヤツ)
ピーマン
オリーブオイル
おろしニンニク

以上だッッッッ!!!

順番何て気にしなくて良い。
好きに作れば良い。


え・・・そりゃあ・・・全部ケチャップが解決してくれるだろ!!!












f:id:g13longkill:20211030154900j:plain
f:id:g13longkill:20211030155004j:plain


歯応え調整をしつつのピーマンを入れ、そろそろ茹で上がりそうなパスタをドン。



後は好きなだけケチャップ!!!
私は若干のウスターソース!!!

乳化だけ、忘れずにって言うか、別に忘れても良い。

ケチャップが解決してくれる・・・・・・!!!








f:id:g13longkill:20211030163541j:plain






完成だ。

やはりこう言うのはビジュアル系並みに唇を真紅にせねばならぬ。

服にハネるのだけは避けて、豪快に啜るべきだ。


それこそ「映画タンポポの一場面」のパスタ否、スパゲッティを全開で啜るシーンの様に。

しかし、失敗は「ちょっと良いソーセージ」を使ったこと。
やはり・・・安いのが吉だ!!!












































我が友人がそんなポストに就いていることを知ったのが三回目に絡まれたとき。



「そろそろ来ると思うけど、お前らどうする?」



と言う私の謎のキラーワードが常に決め手となり、ヤンキー連中は「色々濁しその場を後にする」しかないのだ。






どうりで・・・


二人で並んで歩いているとKの姿を見たKの高校の連中が道を譲ることが多い


ことを思い出した。













駅前に戻り、また軽く絡まれていると


「おう、g13。」


の一言で振り返ったヤンキー衆が蜘蛛の子を散らすように消え去る。


「お前、どんなポジションなんだよ?」


何て無粋なことは聞いたことはない。
適当に話し、ブラブラして地元まで帰る、何てことをたまにしていた。












何度目かの折、あまりに上記のやり取りが面倒だった私は冗談でKに



「俺、滅茶苦茶絡まれるんだけど、お前の方から「絡むな」って全校生徒に伝達してほしいわ。ハッハッハ。」


と言うと


「何?そんなに絡まれんの?分かった。」


と返された。
















次から、である。

アッチの方から・・・・・・












































「Kさんの友人ですか?」







































だからどんなポジションッッッッ!!?!?!!!?
























しかし、変なことは・・・起こるのだ・・・。



















bollaさん!!!
違うんです。私が異様にポンコツなだけで、その整体は優しいんですよ。事実、妻が施術を受けている際、担当の先生が妻に「旦那さんはこれくらいの強さでもうダメです」と告げたところ、妻が「マジで夫はポンコツですね」と言うやり取りがあったくらいですから!!!
おそらく何処へ行っても、基本は優しくやってくれるはずです(保険が効くなら特に)!!!



SSさん!!!
マジできついっす!!!
そうなんです、ノスタルジックではあるものの、ちゃんと今風に仕上げる辺り、さすがとしか言いようがありません!!!
親鶏の肉は煮込まれ過ぎてホロッホロです!!!



Pちゃんさん!!!
だいぶ良くなってきましたが椅子に座らないとやはりキツいです!!!
ただ古いだけではないんですよ。あの客層を見れば一目瞭然です!!!



ふつ映さん!!!
私は特に必要としていないんです・・・!!!妻が虎杖と五条欲しさに・・・・・ッッッッ!!!!