g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 肉野菜炒めで野菜室整理



















「じゃあまず作ってみ。」





















「ウッス。」


























大学に行けば、とにかく舞い散る桜の花弁。

別れと出会いの風情を、自然が告げてくれる。






いよいよ最終学年。
単位や卒業に懸念材料は無い。いかに充実した最後の一年間にすることが出来るかどうかだけだ。

春休みももう少し。
残り一週間もすれば新学期開始である。




この日、学生課に用があった私は珍しく午前中から活動を開始。
パッと済ませて部室に顔を出すが、休み期間中の部室の鍵が開いている訳もなく、そのまま飯でも食って帰ろうか、と言う気分。



思えば先輩たちには随分良くして頂いた。
同級生よりも後輩よりも、先輩たちと過ごす時間の方が長かった私は、こんなとき、やはり先輩たちと遊んでいたことを思い出し、多少感傷的になる。


自転車置場までの道中、自然と喫煙スペースに足が向かい、取り敢えず一服する。




「g13さん!!!お疲れっす!!!」





突然の挨拶に振り向いて見れば、後輩のHだ。
今日も依然として能天気な顔面。



「おう、お疲れ。」



「いや、実はg13さんに連絡しようと思ってたんですよ!!!」



「何よ・・・・?ゲームの特訓ならお断りだぞ。」



コイツには以前「格闘ゲームを鍛えてくれ」と言う、まるで生産性の無い依頼をされた経験がある。
また、変な依頼でもされたら敵わん。
俺はナイトスクープの探偵じゃねーんだ。




「いや・・・実は・・・・・・・・・。」



「何だよ?さっさと言わねーなら俺帰るぞ。」



「いや・・・実は・・・彼女ができまして・・・。」



「お・・・おぅ・・・・。よ・・・良かったじゃねーか・・・。」



何だ・・・・どう言うことだ??!??!?!
コイツに彼女が出来た、と言うことから


「どう言う経緯で俺に依頼が来るのか」


がサッパリ分からん・・・。



「で・・・・・ですね・・・・・・










































料理を教えてくれないっすか・・・?」












































何故その着地点なんだ・・・・?!??!!??!















f:id:g13longkill:20211024105506j:plain
f:id:g13longkill:20211024120414j:plain

豚肉には事前に

醤油

ミリン

胡椒
5102スパイス

で、下味を付けておく。
10分ほど置き、中華鍋で強火でブン回す。

火の通りにくいカボチャも投入しておこう。











f:id:g13longkill:20211024120634j:plain
f:id:g13longkill:20211024120714j:plain

後は順番通りに放り込む。

ニラの茎の部分と赤ピーマン


それが終わったら

ニラの先の部分とモヤシ。



仕上げに5102スパイスをパラッとな。












f:id:g13longkill:20211024121017j:plain







完成だ。


最近バッキバキに中華鍋をメンテナンスしている為、最高の状態。

何にもくっつかねえ!!!

鍋を振ると「ヌルっと」動いて、炒めている具材が滑り落ちそうになるのに気をつけよう。


まぁしかし、5102スパイス・・・今我が家で最も猛威を奮っている・・・そう言っておこう・・・!!!



































「おい・・・・?!何で彼女が出来ることと、お前が料理をすることが繋がるんだ・・・?」



「この間俺のアパートに彼女が来たとき、たまたま実家から送られてきた煮物とかがあって・・・、それを食べさせたら、凄い喜んだんですよ・・・。・・・で・・・・・・・・」



「自分が作ったことにしちゃった、ってことか?」



「・・・はい・・・・・・。」



「お前・・・バカなのは知ってたけど・・・やっぱりバカだな・・・・。」



「マジでお願いしますよ!!!ウチのサークルで料理上手なのg13さんしか思い浮かばないんですよ!!!もうHさん(サークルの良心)もRさん(今リアルタイムで洋食屋の店長兼シェフ)も卒業しちゃいましたし!!!!!」






















数時間後、Hから詳細な話を聞き、特訓の為にHのアパートで調理を開始したのが、この話の冒頭のシーンである。



Hは・・・・・・目玉焼き以前に・・・・・・
































卵が上手く割れねえ・・・・・ッッッッ!!!!






























つまり・・・「そこがスタート地点」・・・と言うことだ・・・・。









Pちゃんさん!!!
マジでぶん殴ってやろうかと思いましたよッッッッ!!!
カルシウムは・・・怒りには関係無いと思います・・・・・・!!!



SSさん!!!
まさに魅惑の煮干、魅惑のセメント!!!
「ガチンコ」よりも「セメント」の方がプロっぽくて良いですよね・・・!!!
是非お待ちしております!!!



ふつ映さん!!!
今度は「餃子の王将」の記事をお願いしたいです!!!