g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 煮込みの具材に悩んだ結果

















冗談じゃねーぞ・・・。

















俺にまで来る皺寄せ・・・。

















結果、先生が帰宅する時間まで待っていれば、作業開始は約一時間後。

午前九時過ぎからのスタートを想定したとして、



「通常状態であれば」



今日中には終わるだろうが、何せトップが極度の二日酔い・・・。







しかし、である。
先日お伝えした様に、この場合「作家自身の責任が多大」と言える訳で、アシスタントの身分の私がそれを負う必要は無い。


私は自分の仕事を終えたらサッサと帰る。


当然だッッッッ!!!













しばらくして、Yさんに連れられてタクシーで帰宅した「このバカ」は、到着しているのに、出てこようとしない、って言うか体調が悪過ぎて出てこれないのかもしれない。


降りたは良いが、そのまま地面に寝てしまう先生を一旦放っておく。

散々Yさんに謝罪され、そのまま出社するYさんを見送り、さぁ仕事だ。





まず先生を軽く起こし、鍵の場所を探る。
リュックの鍵の位置は把握しているので手早く取り出し玄関開錠。


その後、ゲロ被り覚悟で右肩に担ぎ上げ、そのまま部屋の中へ。
何とかリバース無しに終わり、そのまま布団へオン&イン。


私は直ぐに作業に取り掛かった、と言う訳だ。






即スキャン開始。
当時のスキャナーはとにかく遅い。
野望の王国片手」に一枚一枚確認しながら作業を。

マックでフォトショップを開き、この段階で枠線を引きつつ、同時進行で余計な汚れにホワイトをかけていく。



一心不乱にマウスを動かし、気付けば既に昼である。
今、隣の部屋で寝ている人間が昼食代を出す立場にいるのだが、この屍に今は何を言っても無駄だ。
空腹はどうにもならず、後で請求すれば良いので昼食を購入しに行く。




買いに行く途中、私は腹が立ってきた・・・。
何故俺がこんなに頑張っているんだ・・・・・・。















15:00を回った頃であろうか、先生が起床。

「・・・・・・・・あ・・・・・・・・なんか・・・・・・・・迷惑描けちゃって・・・・・・・・・。」



「大丈夫ですよ。とにかく俺の作業もまだ掛かります。先生の作業の方が大変でしょうけど。あ、昼食のレシートそこに。」




「・・・・分かった・・・・・・・・・え・・・・・!!!!!!




































9000円ッッッッ!!!!!!」

















f:id:g13longkill:20211010180134j:plain
f:id:g13longkill:20211010180336j:plain

スーパーで散々悩んだ私は

豚軟骨

を使用することに決定。
圧力鍋で煮る前に、下茹でしておく。

弱火で煮ていき、火が通ったら火を止め、水を捨てる。












f:id:g13longkill:20211010180451j:plain
f:id:g13longkill:20211010180605j:plain

こんにゃくは指でちぎり、熱湯を。
豚軟骨を鍋に戻し、

大根
ネギ
昆布出汁
醤油
ミリン

おろし生姜
おろしニンニク

を放り込み、ネギの青い部分をオンして圧力をかけていこう。








f:id:g13longkill:20211011115148j:plain
f:id:g13longkill:20211011115259j:plain






完成だ。

一枚目は
レタス
サンチュ
の上にレンチン赤ピーマンをオンして、鮭フレークとマヨネーズを和えたドレッシングのサラダ。


煮込みはテメーで言うのもなんだが、まさにパーフェクト。
軟骨がコリコリ&トロトロを演出。


翌日二日酔いになったのはナイショにして頂きたい話だ・・・。





































「あぁ、腹減ってたんで、すいません。」



「一体何を食ったら・・・・・鰻か・・・・・・!!!」




私は・・・やってやった。
このバカが寝ている間、私は一生懸命頑張った。
これくらい別に良いじゃねーか。



「はい。特上二つ食ってきました。美味しかったですよ。

まぁなんせ・・・


































一人黙々と頑張ってますんで。」






















スーパーキラーワードに、先生は黙って財布を差し出し、謎の「お釣はエエから・・・」と言う敗北宣言。


さぁ・・・夜は長いぞ・・・・・。




















goukakuigakubuさん!!!
赤い蓋で、緑のラベルのヤツでございます!
特に肉料理に抜群に相性が良いと思いますッッッッ!!!
女性一人は・・・やはりオートロックが良いかと思います。個人的な基準は「夏冬対策が出来ているか・掃除がしやすいか・水回りのパワー」ですね・・・!!!




Pちゃんさん!!!
そうでしたか・・・いやはや心配しましたよ・・・。成る程、そっちの調子が悪かったんですね。じっくり・・・復活を待っております!
そうなんですよ!!!牌を書くのはマジで面倒ですッッッッ!!!