g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

ラーメン シロクロ 全部のせまぜそば 牛すじめし


















久し振りの休日。
















午後から予定あり。















と言っても、最近通い始めた整体に行くだけなのだ。ミスター坐骨神経痛
右臀部のダメージは施術により、確実に分散されている。

しかし、揉み返しの脅威はある。





一度目の返しは、右半身。

二度目は右の歯と右のふくらはぎ。





先生からは


「g13さん、固すぎてバッキバキですね。」


なんて言われたくらいにして。






いずれにしろ、だ。






意外と整体は体力を使う。
しかし、だからと言ってニンニクをチャージしてしまうと、整体の席では大顰蹙になる。

以上の理由から算出された解は、「品の良いラーメン」を食う、ということだ。






泉地区の新進気鋭。
まだ「朝ラー」しか食ったことがない。

整体から、わりと近所に位置するこの店で、初めて昼の一杯を食う、結果に至った訳だ。















f:id:g13longkill:20210904145002j:plain

コイツは・・・素敵ビジュアル・・・素敵ビジュアルさんじゃないですか・・・・!!!

全部のせをポチっとしたは良いが、逆にノーマルだとどうだったのだろうか。
見る限りでは

チャーシュー2枚
細切りメンマ
ネギ2種類
味玉

で、・・・上の肉は・・・一体なんだ・・・???
と思っていたところに牛すじめしが到着・・・。
















f:id:g13longkill:20210904154350j:plain





正体は牛すじだったかッッッッ!!!!!!
最早単なる牛すじ祭りが開催。

昼からとんだカーニバル!!!














f:id:g13longkill:20210904163829j:plain


ぬぬぬぬぅ・・・・・さ・・・さすがの・・・




































M...I...L...D・・・だ・・・ッッッッ!!!!

















美味え・・・・・!!!
こんなまぜそば食ったことねえッッッッ!!!

まず、まぜそばで「細麺」。

そして優しい味わい。


通常、秋田のラーメン屋がまぜそば油そば系をを作ると

「パンチ有りまくり」

の一品になるのだが、こんなマイルドで優しい味のまぜそばは皆無だ!!!

店長の技量・・・恐るべしッッッッ!!!














f:id:g13longkill:20210904164418j:plain

チャーシューはオールドスクールの見た目とは裏腹に、豚の味がしっかりと味わえる危険なヤツ。

余計な調味料の味ではなく、豚の味。
さすがの無化調店は他の具材のケアもバッチリである。













f:id:g13longkill:20210904164514j:plain


ここの細切りメンマは満開と同じレベルで味わいが深い。
混ぜる様と食べる様で分割しておく、と言う業を使おう。

この細さなのに歯応えは抜群である。
地味に危険な一品であるのだ。












f:id:g13longkill:20210904170623j:plain
f:id:g13longkill:20210904170659j:plain


これは・・・避けられない現実である。

「めしはまぜそばに入れろ」


この格言は無視してはならない。
挙げ句、本日のまぜそばはTPに牛すじ。
めしは牛すじめし。

点と点が線になった、と言うことだろう。


味玉をバーストして、パクッとやってみれば、優しい味わいが口内でもバースト。

水を注いでいる隙に、一緒に来ていた妻が飯をスティール。


半分は・・・妻の胃に収まった・・・と言う訳だ・・・。
















f:id:g13longkill:20210904171640j:plain






ごちそうさまでした。

新進気鋭の一杯はまさに驚愕のモノ。
店内は半分以上が家族連れであるが、これはもう納得だ。

こんなに安心安定の味わいは、特に子供・お年寄りにも喜ばれると言える。


しかし、その奥深いレベルは秋田のラーメンフリークを陥れるには十分。


朝のメニューとの違いも楽しめる、熱い店である。

「マイルド過ぎて逆にそれがパンチ有り」・・・・!!!!







































「今週も姿勢の悪い状態での仕事が多くて。」


「あぁそうですか。じゃあこちらにうつ伏せに。」





施術が始まり、私の股関節が揉み解されて行く。
次第に顔を出す「痛みの根源」。

ゴリゴリと音をたて、私も歯を食い縛る場面が増えてくる。




「あぁ・・・ここ・・・固いっすね。」



「・・・クッ・・・・・ですよね・・・・。・・・ヴッ・・・・!!!」




いよいよピークを迎えてくる激痛は、軽く涙ぐんでもおかしくない。

最後が近付く・・・。
その時である。





「じゃあ最後にg13さん、腹筋をやってみましょうか。」



「・・・え・・・!?!?!?!?・・・腹筋ですか?????」



「腹筋が固いと、反り腰になるんですよ。」



腹筋を施術・・・。
私は「くすぐり」に異様に強いので、何とか堪えられるだろう、と思っていた、が・・・。


「じゃあいきますね。」







ゴリッッッッ!!!!!!








































「グォオッッッッ!!!!!!!!」




















まだまだ知らない痛みはある、そう思った・・・。
















Pちゃんさん!!!
下のBARの田中要次さんですね・・・・!!!!
私は・・・何気に「法廷ドラマ野郎」でして・・・HEROは好きな作品の一つです・・・!!!
陸王は・・・「何があるかは聞いてみないと分からない」ところが熱いポイントですね・・・!!!



bollaさん!!!
成る程・・・「店員の好む顔基準」とは、熱い発想ですなッッッッ!!!
そう言えば・・・違う店舗で同じことをして・・・滅茶苦茶怒られた後輩たちは・・・皆・・・パンチのある外見のような・・・・・!!!!!