g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 食べ過ぎた翌日は格闘家飯














for bollaさん(多分全4話くらいです)。

























大学時代のある日の話。
















その日、授業を早々に終えた私は部室を訪れた。


そこには


同級生のG
一つ下の後輩HとO


の三人がおり、何やらゲームで盛り上がっている様だ。
視界に入ってくる光景はスーパーファミコンマリオカート

レインボーロードで先日先輩のYさんが叩き出した記録のゴーストを、どうやっても抜くことが出来ないらしい。


やはり壁の無いレインボーロード
相当の気合いとテクニックが要求される。
攻め過ぎると落下の危険性があるのだが、それを恐れずに攻めなければならない。




タバコに火を着けてボーっと見ていると、


「コイツら意外と下手だな」


と言うのが分かる。







「ちょっと貸して。」



と言い、コントローラーを奪取。
久し振りだから自信はなかったが、一発目のチャレンジでゴーストをチギる。


ギャラリーから「マジすか!!!」の声があがる中、Oはくやしそうな素振りを見せている。


「まだまだだな。」とOに言うと


「ちょっと待ってください!!!」

と。







「俺、いつもゲームでg13さんに負けてるんですよ!!!俺が得意なゲームで勝負してください!!!」



はぁ・・・・!??!??!??

どういう展開・・・・・?!?!??!





確かに、日頃からOは私のみならずHにもGにも負けている(て言うか下手だ)。
急にそんなことを言い出したモノだからGもHもポカ~ンとしている。





Hが言う。

「O、やめとけって。俺が言うのもなんだけど・・・。お前、大体弱いじゃん。無理だって。格闘ゲームでもレースゲームでも落ちゲーでも・・・お前が勝つイメージが見えねえよ・・・。」



そのとき、引き出しの中に手を突っ込んだO。
何かごそごそしたかと思ったら、



印籠を出すカクさんの如く



怒声と共に、私の眼前にスーファミのソフトを掲示したのだ・・・。











「これでお願いしますッッッッ!!!!」


































桃太郎電鉄


































テーブルゲームかい・・・ッッッッ!!!!!















f:id:g13longkill:20210914132854j:plain


鶏ムネ肉をある程度の細さ、ササミ位にカットし、包丁で切れ込みを軽く。

茹でムラが無いようにしよう。


マジで昨日食い過ぎた。
調整するなら、格闘家飯しかねえッッッッ!!!







f:id:g13longkill:20210915131645j:plain
f:id:g13longkill:20210915132054j:plain


今日は付けダレに工夫を。


ネギにミリンをかけ、軽いラップでレンチン40秒。

粗熱を取ったら

大葉
味噌
黒酢
エバ

で「甘めの酢味噌」を作る。
よくかき混ぜて冷やしておこう。














f:id:g13longkill:20210915132303j:plain
f:id:g13longkill:20210915132627j:plain







完成だ。

今日はマジでこれだけ。

茹でササミ
茹でブロッコリー
モロヘイヤ

以上だッッッッ!!!


事実、しっかり翌日には1kg落ちて居たから、やはり格闘家飯は重宝する。

栄養価は随分偏るが、長い目で見れば、どうってことはない。
要は、トータルバランスだからな。








































「分かった。良いよ。」



「お願いします!!!」



「で、何?四人対戦?それとも俺とお前でタイマン?」



「タイマンでいきましょう!!!」



と言うことで

私 vs O

桃太郎電鉄(スーファミの初期版)での対戦が開始された。
期間はだらだらやってもしょうがないので三年。
無論後見人はGとH。


ソフトをスーファミに差し込んだ段階で、おもむろにGが口を開く。






「じゃあアレだね。負けた方は罰ゲームだね。」


「良いねぇ。俄然やる気が出るわ。それで良い?O?」



「マジで後悔してもしりませんよ?g13さん!!!」







何故こんなことをGが急に言い出したか。
この時、この場でGだけが知っていたのだ・・・。


私が・・・・・・桃鉄・・・・・・・・
































異様に強いことを・・・・・・!!!!!!





























ナイスアシストG。

プレイ中は・・・罰ゲームの内容を考えながらで十分だぜッッッッ!!!










bollaさん!!!
この限定・・・マジでギリギリでした!!!食べることが出来て良かったです!!!
日差しが強い日は・・・車内が地獄です!!!



Pちゃんさん!!!
無論私も初めてでした!!!
こんなのはないッッッッ!!!よだれ鶏も申し分無し!!!最高の「AMAME」降臨しました」!!!



kami3sakiさん!!!
ラーメン屋の限定はたまに「突拍子も無いもの」があるので、狙うしかありません!!!
割スープは簡単に言うと「そば湯」です。
つけ麺を注文の際「麺とつけ汁」が別に来るのですが、味が良いからと言って「つけ汁を飲もうとすると味が濃すぎて飲めない」と言う事態になります。それを薄めて飲む為に準備されるのが「割スープ」でございます!!!