g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 芋をカレー風味で
























基礎動作からの応用動作。


























知っておかなければならないことは満載。
















ただプレイするだけ、では感覚が付いていっても理論が追い付かない。

「何故そうなるのか」を事細かに説明していくが、なかなかに量が多く2人は大変そうだ。



しかし、強い奴らはこう言う知識を必ず持っているのだ。



例えばあるキャラの「強キックのフレーム数」


を知ってた場合、見てからでも反応できるのであれば、「それよりも少ないフレーム数の攻撃」で、それに被せることが出来る。







私からすれば

「こんなことも知らずにやってたのか・・・」

なのだが、





この2人からすれば「そんなことまで知ってるんですか!!!!????」




この差異は実に大きい。
私の住んでた地域が「ある種どれ程フリーク揃いだったか」を思い知らされる。







一通り授業が終わり、メインキャラを決める。

Hはキム、Oはアンディ。

ここから再度そのキャラの授業が開始。
どのコンボが良いとか、どういう立ち回りが良い、とか。


一方に伝えている時は、もう一方はCPU対戦で練習。
と言うのが交互に繰り返され、徐々に実戦に。





ある程度形には成ったが、所詮ある程度、だ。



私とやるとボコボコにされる2人。
事実、当初よりは健闘出来るようには成っては来たが・・・。
唐突にHが口を開く。


「ところでg13さん・・・さっきからまんべんなく色んなキャラを使ってますけど、弟とフランコだけは使ってないですよね?」



「そうだな。Tはテリーを筆頭に色々使うんだろ?まぁ兄も使わないだろうけど、聞いた感じ主人公キャラと、それに似たキャラメインだと思うから。あとマリーとか?ダックは使わないだろうし。練習するなら、そっちに偏った方が良いだろ?」



「そうですね、ありがたいっす。因みにg13さんの、一番得意なキャラって誰なんですか?」



「それは・・・・・






































弟とフランコ。」









































「今まで本気じゃないんですかァァァァッッッッ?!?!?!?!?!?!」





















f:id:g13longkill:20210731152016j:plain
f:id:g13longkill:20210731152052j:plain


ミニトマトはヘタを取り半分に。
アボカドはそのサイズに合わせてカット。

やたらと安かった鰹のタタキもそのサイズに合わせてカット。












f:id:g13longkill:20210731152216j:plain

オリーブオイルと醤油で合えればまず一つ。

このサラダは魚を変えればバリエーションも楽しめるし、葉野菜を入れてもイイため、万能サラダのベースと成り得る。

しかも美味えときたもんだ。







f:id:g13longkill:20210801124535j:plain
f:id:g13longkill:20210801124719j:plain

今回芋と共に炒める連中はこちらのスパムとピーマン。

スパムの塩分があるので、基本的に調味料はカレー粉のみ。


まずは細く切ったじゃがいもをじっくり炒める。
あとは順番に入れていき、最後にカレー粉を回しかければOK。











f:id:g13longkill:20210801124807j:plain








完成だ。


やはりスパムの塩分は強力。

まんべんなく全体に行き渡っている。
それはもちろん、カレー粉も同様。


妻は本当にこの料理が好きな様子で、せっせと箸を動かしている。


後半やたらと大量のスパムを回されたのは、内緒の話である・・・。

































「当たり前だろ。俺がちゃんとやったら練習になんねー。まぁでもテリーとかはちゃんと使ってるよ、多分。」



「ちょっと、一回ガチでテリー使ってもらって良いですか!!!???」



と言うHの要望に応える。
私は集中すると基本的に無口になるから、あまりやりたくはないのだが。


無論、私の勝ち。






「多分Tの方が強かったと思うぞ。俺はそこまで連続技上手くないから。あれでしょ?Tの戦法ってオーソドックスに強い系でしょ?」



「言う通りっす・・・。」



「だったら、単純に技術を上げるのがまずは最短だな。」




こうして、2人の連続技の特訓は明け方まで続いた。

























翌日、夕方頃にHからの着信だ。


「おお、どうだった?」


「どうもこうもないっす!!!!!!!





































1勝も出来ませんでしたァァァァ!!!!!!」































「ですよねー・・・・・・・・・・。」






















練習するしか・・・ねぇ・・・・・・。

















Pちゃんさん!!!
初夏だけではないですが、固い桃の時のお薦め料理です!!!固い桃と柔らかいモッツァレラのナイスコンビネーションは最高です!!!



ふつ映さん!!!!!まさに・・・レインボーの味わいですッッッッ!!!!!