g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

お食事処 さくら亭 馬トロ丼



















この記事は珍しく短いです・・・。












以前も食ったし・・・。
















以前も記事にしたし・・・・・。














ラーメンと違って、なにか、こう響くモノが感じられない、と言う訳ではないのだが・・・。




と言うことにより、特に目新しい記事と言えるモノではないことを先に明言しておく。

ただ、皆さんにわかって頂きたいのは



「何度食っても美味い」と言うことである。









f:id:g13longkill:20210716075659j:plain

はいどうぞ。
ナイスビジュアルの登場。


「馬の内モモ」と言う謎の部位を惜しみ無く使用した、危険な丼の登場だ。

この店はとにかく「牛と馬」が名物である。


因みにコーヒーとその隣に配置されている「今日の一品」は基本的に食い放題。
今回はところてんであったが、何と前回は「炒飯」と言う、まさかの炭水化物をブッ込む仕様。

流石である。












f:id:g13longkill:20210716075740j:plain

凍っているので撹拌する。
米の熱でしばし暖を取らせ、じわじわ解凍させることにする。

味噌汁ないし、漬物で口を潤しておこう。







f:id:g13longkill:20210716075817j:plain

頃合いを見計らい醤油とワサビを適量。

後はガンガン口に押し込む。
この時、まだ解凍されていないモノを判断することは非常に大事である。


その際は再度撹拌し、置いておこう。







f:id:g13longkill:20210716075919j:plain

ココまで来ると確実に解凍されている。

なんだろうこの


「牛っぽい味のする、かつマグロの味のしない中トロ感」は・・・。


馬と言うのは実に不思議であると思うのだ。








f:id:g13longkill:20210716080035j:plain








ごちそうさまでした。

こんな辺鄙なところにひっそりと存在し、色んな客層で賑わっている。

能代市から秋田市に入るまで、7号線沿いで飯を食う、となると「現地人でない場合至難の業」であることをご記憶頂き、そして「こんな店もある」ことを多少知って頂ければ幸いであります。









それでは本日はこの辺で。










goukakuigakubuさん!!!
全くですッッッッ!!!!!12時までじゃなかったら危なかったですよ!!!


Pちゃんさん!!!焼鳥屋のトマトのベーコン巻きと同じ原理です!!!
これだけ、異様に美味かったんです!!!!