g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 肉巻き野菜 with HSM



















まぁ流石。
























海の幸は間違いない。



















この秋シーズン、きららかの飯は無難に刺身やら焼きやら煮やら、結果牛が出てきて終了と相成る訳であるが、秋田の商売人、と言うか秋田の観光業は




「マジで商売が下手」





これに尽きる。
季節感やその土地のその時期の素材で勝負してもらった方が、観光客には有難い、と言う価値観がない。



秋田県人が通年有り難がる食材ではなく

秋田県人がその時期に有り難がる食材



を提供してこそなのだ。
これが分からないから、ダメなのだ。





例えば宮城のホテル瑞鳳。
ココは旬の食材なんかよりも、バブル期の高級感と、それを追随するバイキング。
つまりただただ盛り上がる楽しさに重点を置いているので実に潔い。






ただただ中途半端なところが多いと言う訳だ。
記憶に新しいが、この鋭い洞察力とコメント力を持つあぽろん大先生の記事を見ていただこう

aporon2.hatenablog.com



言い得て妙、とはまさにこの事だ。









ココで「秋田に知り合いがいるクロフネさん」が秋田を回るとこうなる。


kurofune.hatenablog.jp












何が言いたいのか、と言うと



秋田を旅行するのは実に難しい



と言うこと。








よって、これから秋田に来ようと思っていらっしゃる方々。


私に相談してください


以上だッッッッ!!!!!!!



普通の県みたいに、実に観光旅行らしい観光旅行をしたいと思っている「ある程度旅の経験値がある人程」、私に相談してください。





















飯も終わり、フロントにカラオケの予約をしに行く。

予約客が複数いた場合「相部屋」になるシステムはどうしようもない。

夕食時、我々の他数十名を確認。
その可能性は否めない、と言う訳だ。


我々と言うか、カラオケ大好きKはフロントに対し





「19:00からラストまで。」




と言う傍若無人な要求を叩きつける。
すると、全面的にKの勝訴と言える返答があった、と言う訳だ。



「えー今確認致しましたが・・・







































ごゆっくりお楽しみ下さい。」










































長い夜になるなあオイッッッッ!!!!!!!!!





















f:id:g13longkill:20210722144801j:plain

今日の飯はシンプル・イズ・ベスト。

貰い物が多かったため、さらっとで終わらせる。


野菜室にあった

ミニトマト
インゲン
オクラ
を下処理して










f:id:g13longkill:20210722144938j:plain

とにかく豚コマで巻く。

キッチンペーパーに胡麻油を染み込ませ、ホットサンドメーカーに塗る。

底部にマキシマムをパラッとな。


惜しげもなく巻き、ホットサンドメーカーにところ狭しと並べる。
上からマキシマムをパラッとな。

二段になるところがあるので、火の加減はそこを念頭に考えないといけない。










f:id:g13longkill:20210722145301j:plain

最初は中火で焼き目が付くように。
一旦ひっくり返して様子を見る。

中の火の通り具合を確認し、生の部分があれば位置を交換して焼けば良い。


両面に焼き目がついたら、後は弱火で蒸らす感じだ。












f:id:g13longkill:20210722145543j:plain








完成だ。


オクラよりもインゲンよりも、何が美味えってトマト超美味え・・・・!!!!!

弾けるトマトジュースはまさにA...MA...SAの権化。

ただ、火傷に気をつけよう。

色んな意味で・・・爆ぜます・・・・・!!!!!!














































「よぉしッッッッ!!!!!!」




まだ一曲も歌っていないのに、ルームへ入った瞬間から既に浴衣がはだけているK。


一曲目から・・・・・

DIR EN GREYの「予感」を熱唱!!!




この男は素人にしてはかなり歌が上手い方なのだが、歌っていると「当人に寄せて歌いたがる」と言う謎の癖を持っている(しかも中途半端に似ていて、たまにやたらと似ている)。
女の子と一緒にカラオケに行ったり、カラオケ有のキャバクラ的なところに足繁く通っているのだが



「マニアックな歌手や古い歌手、かつマニアックな物真似」


を慣行することにより、「結果全くモテない」と言う状況に。

挙げ句、その事を私に相談する始末である。







しかし、本日の同伴は私。
そのマニアックさも、誰の物真似かもほぼ知っている、かつ突っ込める男が同伴。


Kのたがは外れて仕方ない、と言う訳だ。



🎶し~ず~かぁに~しずかぁに絡めあうふ~たぁ~り~🎶


一曲目が終わった早々、直ぐ二曲目が・・・・








































安全地帯 「じれったい」


























くどい物真似が続くが・・・・これがホストの役目、と言えよう。

私は爆笑とツッコミに従事するのみである・・・。