g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

濃厚肉そばセンターよし虎 ネギ鶏白湯SOBA醤油 TP味玉



















先日の悲報。













からの、朗報?















夜には武田店長から連絡をもらっており、翌日は半ドンであった。

しかも妻が休みと言うことだが、妻の「食におけるメンタルは絹豆腐並み」のため、よし虎ショックから抜け出せていない。


先日私が行った「竹本モンスターチャンポン」で濃厚を確認してみたい、と思っていた私は妻にそのことを提案するのだが、些か返事が鈍い。







出勤直前に


「なら、何処で昼飯食べたいか考えておいて。」


と言い残し、部屋を後にする。





正午前には終え、マッハで帰宅し妻を拾う。

「何処行きたいか決めた?」の問いに・・・































「新メニューの確認したいからよし虎。」








































2日連続っすかッッッッ・・・・・・・!!!!!!



















そうと決まればハンドルをブン回し、手形陸橋方面へGO。
いつもの駐車場に停め、歩くが、どう見ても「外待ち」が発生している。

まぁしょうがない。券売機前で悩む若い男女が店に入れば、店内は満席になるだろう。


食券を購入し、しばし待っていると


「お待たせいたしました!どうぞ!」


と言われたところで、空き席なんて無いじゃないか・・・・と思いながら店員は姿を消すって・・・












まさか隣の店で食うんかいッッッッ!!!!!






実はよし虎の隣は「お隣キッチンタケダストア」と言う、系列の定食屋で



唐揚げ定食・生姜焼き定食・ソースチキンカツ丼








等が「大量に」安く食べられる店である。
まさかこんな手があったとは・・・・。

私も妻もちょっとワクワクしながら店内に入り、不思議な感じで食券を出す。

テーブル席に座ったが、カウンターにいるおっちゃんたちは、唐揚げで米をガンガン食っている。


謎の光景に目を奪われていること数分・・・・。























f:id:g13longkill:20210705171459j:plain

こ・・・これがよし虎のニューウェーブの象徴たるラーメンか・・・・・。

過去のよし虎のラーメンと比べると、「現段階ではよし虎感はまるでない」と感じてしまう。


鶏白湯 = コッテリ

純鶏  = アッサリ



と言うことでそれぞれで「醤油・塩」を選択するシステムだ。
本日は2人共に同じメニュー・・・さて・・・・
















f:id:g13longkill:20210705171907j:plain


ぬぬぬぅぅ・・・・?!?!?!?!
これは・・・もはや・・・・・・






































TE...N...I...CHI...だッッッッ!!!!!

















否、完全に天一の上位互換ッッッッ!!!!!

ドロッとスープが苦手な方々でも飲めるさらっとかつド濃厚スープ!!!

「あの例の香り」が多少あるものの、キレは天一の比じゃねぇ!!!!!
言うなれば純度の高い天一、だ!!!












f:id:g13longkill:20210705211544j:plain

「ムニュルンプッツン」と言うナイスな食感の麺は、完全にスープをもろともリフティング。

この感じも天一系だが、やはりチェーン店とは一線を画す!!!

「逆に天一が食いてえ」と思ったのは内緒にしていただきたい、そう思うのだ・・・・・・・。














f:id:g13longkill:20210705222751j:plain
f:id:g13longkill:20210705222825j:plain

角チャーの歯応えは最強クラス。
味は言わずもがな。

ゴリ→コリのコンビネーションが実に楽しい。


そして、例のローストポーク

これ・・・・マジで鬼です!!!
そして異様なサイズ・・・・・・・食べ応えも抜群です・・・・!!!













f:id:g13longkill:20210705223408j:plain

味玉も随分味が変わっている。
あれだけ淡い味玉だったのに、かなり暴力的な塩分、そして醤油系のパンチ。

完全に飯のおかずになるレベルに変貌。

米案件確定である。













f:id:g13longkill:20210705224852j:plain








ごちそうさまでした。


まさかの天一・・・。
しかし、NOT天一・・・。

このド濃厚は「看板に偽りなし」と言える。

濃厚・肉・・・・・さすがの謳い文句。


楽しみが増える = 選択肢が増える



これは「店巡り野郎あるある」。
ラーメンバカの宿命である。

いずれ、竹本モンスターチャンポンに確認をしに行かなければ・・・。





































改めてMに連絡する。

「もしもし、食ってきたぞ、鶏白湯。天一の上位互換だ。」


「マジすか!!!天一!!!
それは・・・嫌いじゃないですね・・・・。」



大仙市には北東北唯一の「天下一品」が存在し、当時私とMは相当のヘビーユーザーであった。



「まぁ、「台湾まぜそばも食える天下一品」だったら、結構すげえんじゃねーか?」




「そうですね・・・まぁ、今度そちらに行くときは是非ご一緒に。・・・・・・・・あぁありがとうございます。」




「ん?お前今何処にいるの?」




「実は中華そば今野、に居まして。これから・・・









































特盛の2杯目です。」



































・・・・・・・・・・・・・・・。
















店内連食で特盛2杯・・・。

私は、無言で電話を切った・・・・・・。




因みに、後日詳しく書きますが

「ネギ鶏白湯SOBA肉祭り」

を注文するとこうなります。




f:id:g13longkill:20210801134143j:plain







数日後、Mが遠征しに来る記事を書きますので、詳細は・・・そのときにッッッッ!!!!!










Pちゃんさん!!!
マジで最高です!!!サポートのおっちゃんも最初は暗い感じですが、空中会話していると段々陽気に!!!
このまぜそばは・・・カスタムのしがいがありますぜ・・・・・・!!!!!



SSさんラーメン屋で出てくる肉じゃ無いです!!!
次は「ミンチ増し」をかましてきますッッッッ!!!



うり まさるさん!!!秋田にはこれまで無いタイプのラーメン屋になってしまいましたッッッッ!!!
とにかく・・・コイツは旨かったです・・・!!!