g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 塩辛焼きそば



















さて・・・。





















そろそろ最後の出番だ・・・。













最終日の我々のセットリストは



愛はかげろう

・ジョニィへの伝言

・男と女

時の流れに身をまかせ



と言う、ある種先日よりも磐石の布陣。
後は、周囲の雑音を気にせず、テメーが演りたいようにやるだけだ。



カウントを取り、Wのピアノのイントロが始まる。渋目のイントロは背筋が伸びるようだ。







🎶窓ガラス~流れ~落ちてゆ~く~雨を~ぉ~🎶







今日も美声全開のH。
オーディエンス連中が既に「何時もの合いの手」を入れているが、もうそんなことに動揺する私はいない。
もう、昨日までで慣れた・・・。



私たちの前のバンドがHi-STANDARDだったこともあり、なかなかのギャップはあるが、淡々と与えられた任務をこなすのみだ。






気付けば一曲目が終わり二曲目。
数日前ここに書いたが、私は高橋真梨子飲大ファン。
しかも今回は





ペドロ&カプリシャスバージョン




であるから、ハイハットにタンバリンをセッティングする必要がある。
ハットの上部にタンバリンを取り付け、カウント開始。






🎶ジョニィが来たなら伝えてよ~二時間待あってたと~🎶




完璧な出だしだ・・・。
小学生当時から聞いていた名曲をカヴァーとは言え演奏できるとは・・・。

そして・・・





🎶今度のバ~スで行く~西でもひが~し~でも~🎶



ここ最高、マジで最高。
サビだが次のAメロまでの繋ぎだか、なんだかわからん曲構成、そして阿久悠パワー。





しかし、だ。
私の感慨など虚しく、悪ノリ酔っ払い軍団は「マジで勘弁してくれ」と「私だけが思わざるを得ない愚行」を犯すのである・・・。

それは2番のAメロに入った瞬間からであった・・・・・。











シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ・・・・・















・・・・・おい・・・・・・誰だ・・・・・・・・!!!!!!
































タンバリン鳴らしてんのはッッッッ!!!!!!!



















f:id:g13longkill:20210703174904j:plain
f:id:g13longkill:20210703174933j:plain
f:id:g13longkill:20210703174959j:plain
f:id:g13longkill:20210703175030j:plain

ししとう
ズッキーニ
ブロッコリー
茄子

夏野菜を片っ端から素揚げ。
やはり、素揚げ最高だ。






f:id:g13longkill:20210703175216j:plain

はい、まずは素揚げ。

残りは明日の揚げ浸しになる。
薄目の味付けで、じっくり一晩寝かそう。










で、本番はここから。







f:id:g13longkill:20210703195908j:plain

f:id:g13longkill:20210703201239j:plain

まずはバターを準備。
溶け始めで「塩辛のキュウリ漬の塩辛エキス」を投入。

沸騰させるまで火を入れたら












f:id:g13longkill:20210703201434j:plain

麺を投入。
さて、ここからはノンストップ。

鍋をブン回す。

火加減に注意し、焦げ付かない様にしよう。
全体に汁が絡まったら










f:id:g13longkill:20210703201723j:plain


ここで、先日「天ぷらみかわ」で頂いた「おみやの天かす」。

これを投入すると「大体のモノが美味くなる」と言う優れものである。


レンゲ2杯分をブッ込み、最終段階だッッッッ!














f:id:g13longkill:20210703202020j:plain







完成だ。

最早なにか「パスタの様相を呈している」が、これは立派な焼きそばである。

妻が大絶賛していたし、私も「過去最高の塩辛パスタ」と言えるレベルのモノであった。


素揚げに関しては、「不味い訳がない」と言えるので、なかなか大満足の晩飯であった。
































待て待て待てッッッッ!!!!!!


タンバリンでリズムを取るのは俺じゃッッッッ!!!

テメーらが主導権を握る感じにするんじゃねえッッッッ!!!








若干の混乱を見せつつも、この難局に耐える私は端から見ていれば滑稽だったのかも知れない、が・・・こっちは必死だッッッッ!!!!





イレギュラーの後、ジョニィへの伝言は終了した・・・。




タンバリンを持っていたのは二つ下の後輩、Y。



後で放り投げよう・・・、そう思った。





全く・・・毎度毎度・・・。







arakannkoalaさん!!!
その道順は秋田を食べる上では最強クラスの経路です!!!
食べたいモノを目掛けて行った方が「余計なモノを食う必要がなくなる」と言う見方もありますからね・・・・・!!!!
まぁしかし、仰る通り・・・・・遠いですねッッッッ!!!



Pちゃんさん!!!さっきwikiで確認したらちんぷんかんぷんになってしまって(今日暑すぎ!!!)諦めました!!!
まぁ・・・クエもアラも高級魚かつ、美味しいのだけは間違いないですね・・・・!!!!