g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 ジャンクタラコクリームパスタ


















深く吸い、























深く吐く。















一人、別の喫煙所で、息を整えながら缶ビール片手に一服。

て言うかあのラズベリーはどういうことだったのだろう・・・・・。

まぁ良い。
覚えていて本当に良かった・・・。
失敗していたり、構成を間違ったらえらいこっちゃ・・・・。

TRICERATOPSは当時GRAPEVINEとある種の二大巨頭。
日本のミュージックシーンに突如



「キャッチー目なオルタナティブロック」




を引っ提げて登場したモンスター。
人を選ぶが「聞く人が聞けばドはまりする」と言うのは、よめちゃんさんにはお分かり頂けるであろう。

the pillows
NUMBER GIRL

など、まだまだ強者は存在し、またオルタナティブロックの起源をネタにして書くと、とんでもない内容になるので、ひとまずこれで。







一息付いたし、ちょっと時間が経過したのでロビーに戻ると同級生のYKが一人タバコを吸っている。

例の「Gの靴に缶ビール事件」の犯人だ。
ギターの腕はとにかく凄い。
明日、満を持して「インペリテリのラットレース」を演ろうとしているこの男は、サークル屈指の腕の持ち主である。




「お疲れ。」




「おぉお疲れ。」


YKの正面に座り、タバコに火を着ける。




「g13さぁ、メタル系の曲叩くのって今回が初めて?」



「当然でしょ。4年間でドラムセットに座って練習したのなんて・・・・多分・・・60時間くらいしかないんじゃない?」




「ハッハッハッ、マジかよ。いやね、さっきの聞いてたら、結構勿体無いなと思ってね。」




「何が?」




「多分、まともに練習してたら、相当上手くなってたんじゃないかな?」





・・・・・・・・まさか・・・・・・YKからそんなコメントを貰う日がくるとは・・・・。





私はこの時、素直に嬉しかった。
この学年で私だけが特別なスキルも無く、ドラムも大学から始めた(他の連中は中学からバリバリ)。

今まで同級生から「笑い」の部分で褒められることはあっても「演奏」でそんなことを言われたことは無いし、言われるとも思っていなかった。




「そうか・・・・でも、もう叩くことはないだろうからな・・・。」



「そうだな。俺も弾くこともなくなるな。」



卒業生2人がたまには真面目な会話をして感傷的になっている。




しかし、である。
これぞ、我がサークル。
こんな空気を完全に崩壊させる一報が届くのは、2人でしみじみタバコを消したのと同時だったのかもしれない・・・・・。






ドタドタドタドタ!!!!!!!



「早く水持ってこい!!!!!!」



「ダメだろ!!!それじゃあッッッッ!!!!!」




これまた同級生のWが血相を変えてこっちに走ってくる。



「なに?W、何かあったの?」



「Sが酔っ払い過ぎて・・・・・



















スピリタスに火をつけた・・・」






























・・・・・・・・・・・。















f:id:g13longkill:20210628150725j:plain
f:id:g13longkill:20210628151040j:plain

ボールにタラコとバターを準備しておく。

フライパンに200cc程度の牛乳を張り加熱する。
沸騰し始めてきたら、ピザ用チーズ軽く一掴み入れて、溶かす。

軽くダマになった方がパスタによく絡むので大丈夫。

サッと水分を飛ばしたら











f:id:g13longkill:20210628151750j:plain
f:id:g13longkill:20210628151854j:plain

先程のチーズ牛乳をボウルに入れて和える。

即パスタを上げ、和える。


全体に絡まったら盛り付けだ。
















f:id:g13longkill:20210628152412j:plain







完成だ。

仕上げに大葉と、タラコの切れ端をドン。
固めたチーズとタラコがパスタにガンガン絡む


イカロリー&ハイプリン体パスタ


は、体に悪いモノ程美味い、と言う錯覚を引き起こす可能性があるが、んなことはない。


全ての原因は食べ過ぎかつ偏り過ぎ。


注意していれば、大丈夫だ!!!!!




































「は・・・・・・?」



「いいから行ってみろよ!!!」



宴会場にダッシュで行ってみると、もう既に気化しているようだ。
火はほとんど上がっていない。

宿の備品である机も被害はなさそうだ。

まぁスピリタスに火をつけたって、つける場所が大したこと無ければ問題ない。

燃えやすい部分で無く良かった。






宴会場は軽いボヤ騒ぎで、多少騒然としていた。演奏中のバンドも「なんか白けた」と言う理由で演奏を辞める。


だから酒の弱い奴は・・・。




「バ・・・・・・」






は!?????!!!!???
なんだよ、「バ」って・・・。

そこにいる連中全てに、Sは「謎の」悲痛な叫びをあげたのだ・・・・。



「デ・・・・・






































デロリアンってこんな感じかなってッッッッ!!!!!」




















机にスピリタスで二本の線を書き、それに火をつけることにより、デロリアンの「あのシーン」を再現したかった、と言う。


やはり、酔っ払いは怖い・・そう思ったのだ・・・。







ふつ映さん・・・・・飯テロ・・・申し訳ないですッッッッ!!!