g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 面倒臭ぇ時は焼きそば






















何度来てもやはり遠い。
























宿に到着する頃には昼後だ。

















会計と後輩何人かのグループは、デカめの車に大量の酒や食料を購入してくるため、到着が遅くなるが、我々みたいに呑気な連中は、別に夜までに到着すれば良い。


とは言え、特にやることも無いし、昼飯食ったりのんびりしたりで、大体14:00前には到着。


その頃には当然機材の搬入等々も終わっており、セッティングも済んでいる。




「こんなところまで持ってくるんじゃねーよ・・・」




と、言いたくなってしまうが、メタル軍団の2年生たちは部屋にプレステ2を持ち込んで格ゲー大会」ときたもんだ。




取り敢えずタバコだ。
そう思い、いつものロビーまで移動。

先客は誰もおらず、Gと2人でタバコをふかす。




「G、吸い終わったらちょっと合わせない?」




「良いよ。」




曲が4曲も増えたため、不安だった私は、まさに誰も使っていない今の時間帯を利用し、練習をする。
ドラム一人よりはベースが居てくれた方が遥かにありがたい。
リズム隊、と呼ばれる所以である。




何曲かこなしていく。
結局一曲につき4分前後は掛かるので、全部やり追えたら大体40分。

一応全部やっておきたいので、巻きで練習する。


「しかし、g13くん、アレだね。良くこんな曲知ってたね。俺この「ジョニィへの伝言」、超好きなんだけど。
歌ってるの誰だっけ?」



高橋真梨子。」



「そうそう、歌もメチャクチャ上手いし、俺CD買おうかな。」





私は母親の影響で小学生時分から「高橋真梨子」を聞かされて育ってきた(後、チェッカーズ)。

農作業に行く際のお気に入りは
ジョニィへの伝言と五番街のマリー。

最早鉄板の二大巨頭。






本当の意味でカセットテープが擦りきれるだけ聞いた。

まさに「歌手」と呼ぶに相応しい、と言えると思う。




ある程度「見えてきた」ので、練習に良い意味で余裕が出始め、タム回しも調子に乗った感じにしてみる。


「ちょっと・・・!!!!!g13くん!今の超ウゼぇッッッッ!!!!ちょっともう一回やって!!!」



と、途中で演奏を止めたGがエライ食い付いてきた。
よってもう一度やると、大喜びだ。





「ちょっと!!!!本番それでいってよ!」




「あぁ・・・別に良いけど・・・・・大丈夫か・・・・?」




「俺が皆を説得するから!!!イヤーマジでウケる!!!」








なんて話をしていたら、だ。


さっきまでゲームに呆けていた2年の、あの連中が・・・担当の楽器を持ってお出ましだ・・・・。

ま・・・まずい・・・・。
私がどうのこうの言う前に、ベース担当Sが「ド正論」をかまし、私は従わざるを得なかった・・・・。



「g13さん、俺らも不安なんで・・・






























練習しましょう!」







































目がマジだ・・・・・!!!!!















f:id:g13longkill:20210612180449j:plain
f:id:g13longkill:20210612180523j:plain

八宝菜を作ろうと思って忘れていた
タケノコ・ニンジン・キクラゲ系のパックを発見。

水を良く切って豆腐を投入。

鶏ガラスープで味付けし、最後に小ネギを入れてスープを。













f:id:g13longkill:20210612180750j:plain
f:id:g13longkill:20210612180922j:plain

豚肉・ピーマン・キャベツを太目に千切りし、炒める。

軽く塩を振るだけで、ここでは味付けしない。
一旦フライパンから取り出し、次に麺を単体で炒める。









f:id:g13longkill:20210612181108j:plain
f:id:g13longkill:20210612181138j:plain

ここからはいつも通りだ。

良くほぐした麺を炒める。
すぐに酒を掛け、より、ほぐす。

ソースで味付けをするが、薄目にしておき、そこへ具材を。


合わせる際に再度味付けをする。




さて、目玉焼きの準備・・・・・・・はッッッッ!!!!!














f:id:g13longkill:20210612181404j:plain

・・・・・・・・・。


卵黄を割った私は、責任食いをする決意をここに固める・・・。














f:id:g13longkill:20210612181503j:plain









完成だ。

目玉焼きを3つくっ付けたせいで、黄身が重力に引っ掛かり、「ナウシカにおけるオウムの目玉」みたいになっているのはご愛敬だ。

まさに目玉焼きたる所以。

しかし、だ。





f:id:g13longkill:20210612181653j:plain


やはり目玉焼きは必要。
そう思うばかりである・・・・。


































コイツらはしょっちゅう演奏しているだろうが、私にこのBPMのメタルのビートは辛い。


とにかく足が動かん。
一応練習はしてきたが、これで合っているのかの確信が持てない。





さぁイントロのギターが鳴り響く・・・。

高崎晃の奏法は世界が認めたヘヴィなスタイル。俺に樋口宗孝の代わりが出来る訳が無い。








体感的に・・・長い、それはそれは長い1曲が終わり、私に告げられるコメントは生か死か・・・。


「g13さん、メタル初めて叩くんすよね・・・。」



と、ミスターハイテンションDが口を開く。
ハードロック~メタル何でもござれのこの音楽バカは「結局最強は川本真琴」と言う謎のセンスを持ち、そんなことを言っているのにフェイバリットギターは、ポール・ギルバートモデル、と言う意味不明の人間だ。

コイツがテンションを上げると、マジで、江頭2:50並みになる。

Dは、続けた・・・。

「g13さん・・・・・・























マジ、ヤベエっすッッッッ!!!!!!!」






































なんか・・・認められた・・・・!!!!!






















良くできていたらしく、練習は30分かけて微調整をして終了。


「じゃあ当日頑張りましょう!!!」



と言われ、苦笑いで応える・・・。


今日は出番が無い。
今日は・・・飲もう・・・・・・・。












Pちゃんさん!!!マジすかッッッッ!!!???
私は小食ですし、甘いものもほとんど食べないので(嫌いではない)、いまいち気持ちが分からないんです!



kami3sakiさん!あくまでもカレーパウダー(粉)ですから変わるのはスープの香りだけです!
カレーうどんやカレー南蛮は、カレー+出汁ですから、ベースがカレー。
こっちはラーメンのスープが、しっかりベースになっています!!!