g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 リメイクスープパスタ


















ひたすら練習。






















もう嫌だ・・・。
















私はカンペを持ち込まない主義なので、丸々一曲丸暗記タイプの人間だ。
多数のバンドをこなす先輩なんかは



イントロ・Aメロ・Bメロ・サビ



みたいな感じで分けて、そこに何小節かを記入する。



つまり、フィルイン(通称おかず)は叩き手のアドリブである。


私はこんなカンペを見たら「逆に何処を叩いているのか忘れる」為、出来ない、いや、しないと言う訳だ。





ZIGGY 5曲

LOUDNESS 1曲

例のバンド 8局



と言う謎のスケール。
ライブだってこんな曲数叩いたことが無い。

まず、まぁ一旦全て覚えたは良いが・・・。






















合宿当日、Gの車で宿に向かう。
後部座席には一つ下の後輩のKとHが乗っている。


生憎の雨で、少し霧っぽい。
視界があまり良くないが、Gの運転の腕は確かなので安心だ。



「多分あの宿に二度と行くことはないかもな。」



「そうだねぇ~。ってか、一旦停まってタバコ吸って良い?」



「もちろん。あそこのコンビニで良いんじゃねーか?」







コンビニに立ち寄り、第一回目の休憩。
朝の8:00位に出発で、大体ゆっくり行って3時間弱は掛かる。


「悪い、車に財布忘れた。」
と言い、私はGから車の鍵を受け取り財布を取りに戻る。


霧が濃くなってきている気がする・・・。
財布を取り、車を出ようとしたとき、私は「あること」に気付き、ちょっとしたイタズラを思い付いた。
1分弱で、そのイタズラを仕掛け、皆でタバコを吸って車に戻る。








一時間程のドライブで、まだ雨は多少降っているが、ようやく日差しが出てきた。少し気温にも変化が。

それと共に、だ。



「すいません・・・Gさん・・・。」


と、後部座席かつ運転席側のKが唐突に口を開く。


「ん?どうした?」



「なんか・・・窓に・・・・




































前野(稲中)の顔が浮かび上がってきたんですけど・・・。」






































「はぁ・・・・・・・???????!!!!!」





























f:id:g13longkill:20210608180431j:plain
f:id:g13longkill:20210608180526j:plain


昨日一つだけ残った、巨大なロールキャベツ。
鍋ごと冷蔵庫に放り込んでおいた。

それを木っ端微塵にして、弱火で煮ていく。

ちょっと煮詰まるくらいが丁度良い。
なんつってもここにパスタを放り込む訳だ。


味が薄くなるのを防ごう。

















f:id:g13longkill:20210608194804j:plain
f:id:g13longkill:20210608194854j:plain

今回はいつも通り、塩多めで茹でるパスタ。
大分早めに上げ、ロールキャベツの残骸と共に茹でる。

って言うか煮る。

多少乳化汁を投入するので、味見をし、薄ければ塩で調整する。

あれば・・・マキシマムだ・・・・。












f:id:g13longkill:20210608195404j:plain

煮込んでいる間に、キノコ類をバターで痛め、みずけが飛んだらキャベツを投入。

キャベツがしんなりする直前で、醤油を回しかけたモノがコイツだ。


さて・・・・・・そろそろである・・・・・。












f:id:g13longkill:20210608195736j:plain









完成だ。

なんか・・・超美味かったんですけど・・・!!!

最も驚いたのは作った本人である私、って言うか妻。

「うんまッッッッ!!!!」

の一言からのバキュームはノンストップ。

キノコの方もバター醤油と言う「人類最強レベル」飲味付けであるから、不味い訳がない。



いや~こんなに美味いとは・・・勉強になった・・・!!!





































曇ったガラスを指でなぞることにより、そこには多少の皮脂が付く。

そこ以外を皮膚以外で拭き取れば完全犯罪成立だ!!!


後は放っておいて、浮き上がるのを待ち、どんなリアクションになるかと言うのを見たくて、私はイタズラをした。



よりによって稲中一巻「キレた田辺に吊るされた前野」をに小指で詳細に書くと言う荒業を敢行。


無駄なディテールの再現度合いにKも感心していたが、次第に笑いへと移行。

二車線の信号待ちで「隣の車にアピールをし、前野を気付かせ、稲中を知っているヤツから笑いを取る」と言うクレイジーな遊びに昇華させる始末。









「何で持ち主の俺が見れねーんだよッッッッ!!!て言うか恥ずかしいから消せよッッッッ!!!」







と言うGの雄叫びは、車内に虚しくこだまするだけだ・・・。

まぁ・・・これくらいは楽しんでも良いじゃないか・・・最後だし・・・。










Pちゃんさん!!!これ・・・ただの追いコンです!!!
学祭だったら・・・死んでしまいますッッッッ!!!