g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 ニラと砂肝は酒泥棒





















「g13さん、ドラムお願いしても良いですか?」





















「またお前か・・・。」






























私の大学生活もほぼ終わりを迎えようとしている。最後のサークルのイベントは3泊4日の追いコンのみとなった。



以前も書いたが、我々、軽音楽部サークルの追いコンは「音を出すことの出来る宿」にしなければならない。
よって、シーズンオフになりかけ、かつスキー場から少し離れた宿を取るする必要がある。




そんな都合の良い宿はちゃんと存在し、例年通りで会場は決定。



そんな報告がなされた、我々四年にとってサークル最後の総会。
ここでタバコを吸うのも最後だな、なんて思いながらお笑い番長Oさん(留年野郎)と喫煙スペースへ行く。





後輩や同級生の先客達がいるなか、



「あれ・・・・・Oさんって、去年卒業しませんでしたっけッッッッ????!!!!」




「いや、何を言ってんだよg13。俺はさぁ、思うところがあってこの学舎に、もう少し籍を置こうと・・・。」




「あんた留年者発表掲示板の前に佇んで動けなかったらしーじゃねーかッッッッ!!!???」





「それは、アレだ・・・・・・・・。親に申し訳くてッッッッ!!!!!!」










と言う私とOさんの、今年何度やったかもわからない、無駄な鉄板ネタかます
軽い爆笑が渦巻くなか、Gが話す。





「あぁ・・・このやり取りもそろそろ終わりだね。卒業かぁ・・・。」



「まぁ、面白かったから良いんじゃない?」




と言う会話のなか、いきなり冒頭のコメントで割り込んで来たのが一年生のTだ。

先日書かせて頂いた、最後の学祭の「ある種のA級戦犯」が、まさにデジャヴの如くの依頼を私にしてきた訳である。




「何?追いコンでって言うこと?」




「そうです!俺・・・もう一度あのメンバーでやりたいんスよ!」





おいおい・・・なんなんだこの熱量は・・・。





「で、ですね。Gさんもベースで参加してくれませんか?」



「え?でもベースはOさんがやるでしょ?」



「いや、今回、Oさんにはギターで参加してもらいます!」




なんか・・・既に勝手に話が決まっていた感が強く、私もOさんもGも、首を縦にふって無いですけど・・・状態だ。
なんだ、この無駄な押し、は・・・。




「ん・・・?て言うか、じゃあお前何やんの?」



我ら3人の全うな疑問を、正々堂々正面から叩き込むTの発言は、そう言う意味では、実に潔いモノであった・・・。



「・・・俺は・・・・・・・・






































サポートです!」






































せめて参加せぃッッッッ!!!!!

















f:id:g13longkill:20210602170300j:plain


もう、部屋全体がニラ臭。

もう、腹立ったから全部使ってやる!!!











f:id:g13longkill:20210602170506j:plain
f:id:g13longkill:20210602171340j:plain

ベーコン
シメジ
大根

を炒める。
胡麻油、塩を少々。


大根の水気が飛んできたら、適当に砕いた豆腐を入れ、水を。

そこにキムチを入れて、簡単チゲ風に。











f:id:g13longkill:20210602171605j:plain
f:id:g13longkill:20210602171746j:plain

砂肝はスライスし

片栗粉
マキシマム

をしておく。
この状況で放置し過ぎると、全部くっつくため、妻から連絡が入ったら作業に移ると良い。

あとは、ブン回すだけだ。











f:id:g13longkill:20210602171955j:plain
f:id:g13longkill:20210602172156j:plain

最初は強火。
片栗粉がしっかり油でコーティングされたら、弱火にして中まで火を通す。
ニラを投入したら


ミリン
醤油
甜麺醤
おろし生姜

のタレを合わせる。

チゲ風には、半分の地点でチーズを忍ばせておく。













f:id:g13longkill:20210602172323j:plain







完成だ。

コイツは酒に合う品。
ビールが進んでしょうがない。

スープに忍ばせておいたチーズも良い働きをしている。


ニラを少し炒め過ぎる、と言うミスが無ければ完璧だったが・・・。
野菜を美味しく炒めるのは、油通しをしないことを前提にすると実に難しい。

そう、痛感するのだ・・・。







































「はぁ・・・・???」



「いや・・・・・やりゃ良いじゃん・・・。サイドでコード弾きだけでも問題ないし・・・。」



「・・・・良いんですかッッッッ!!!???俺・・・学祭の時のトラウマがあって・・・。」



「だから、コードで良いって。出来る部分はしっかりやれば良いだろうし。」




等、謎の「先輩陣からの激励」を受けたTはギターを手にすることに。



「ボーカルはHなんだろ。キーボードはW?」



「そうです。お願いしてあります。」





また、あの再来か・・・。

と言うことは・・・・。



「セットリストは、どうなる?」



「それはもちろん!!!!!!

































Oさんとg13さんでッッッッ!!!!!!」


























よぉし・・・・やってやろうじゃねーか・・・。

華々しく・・・・散ってやるぜ・・・・!!!!










kami3sakiさん・・・・・・・あの・・・・・・・・私より画像を撮ってる人・・・・・・・・滅茶苦茶いますよ・・・・・・!!!!!!
私は少ないくらいでして・・・・・。
味が落ちない範疇で写真を撮って食うのは当然で・・・撮るのにウェイトをおくような真似はしませんよ。
食うのが第一ですぜッッッッ!!!!!!!