g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 韓国風麻婆豆腐



















TSUTAYAって言ってもな。」























「あるかどうかも分からないですよね。」
















そう、その通りである。
しかもOの様子を見れば(先程から随分申し訳無さそうな表情をしている)。



「なんかすいません・・・。ご迷惑をお掛けして・・・。」




授業終了後、皆でGの車にライドオン。
Oは自前の原付で、揃いも揃ってやってきた、と言う訳だ。




「ジャンルで分けられていれば良いんだけどな。」




「そうですね・・・。」




当時はレンタルがVHSからDVDに移行し始めている時代。と言うことは新作や名作の作品は「2種類」用意されているため、「不人気作品の出る幕なぞ無い」と言う現象が起こっていた。


しかも、先程の会話のように「あいうえお順」でマフィア映画を探すとなれば、これはこれで大いに面倒である。
加えて、私以上に詳しいヤツがいないため、「実はマフィア関連なのに見逃す」と言う事態が起こり得る、と言う訳だ。





残念ながら「あいうえお順」。
コイツは時間が掛かりそうだ。







「取り敢えず、俺がさっき言った映画のジャケットを見て、Oの記憶を喚起してみよう。」



と言う発言のもと、後輩が散らばる。
私は、と言うとGと共に、先程付け加えた「モブスターズ」を探しに行く。

私は俗に言う「B級映画」が大好きで、よくこのブログ当初、比喩表現で使っていたモノだ(そしてB級と言っても色々あるから注意だ)。




モブスターズは簡単に言うと「成り上がりストーリー」で、「ゴッドファーザー」と異なり、若者ののしあがりを、仲間と共に、何て言うか、まさかの「マフィア映画に青春色を投入」と言う、異例の一品。



深夜にボケッとして見ていたら、面白くて結局最後まで見てしまったパターンのヤツだ。


しかし、マニアックな作品であることに代わりは無い。
ようやく探して見つけるとGは







「さっきも思ったけど、何このタイトル!「モブ」なのに「スター」なの?!意味分かんねえッッッッ!!!」






と、爆笑しているが「色々間違ってるよ」とツッコムのも面倒なので黙っている。



十数分後、なんとか作品を揃えた皆と合流し、Oに確認をしてもらう。





「どうだ?なんか思い出せそうか?」
と言うKの質問に対し、「まぁ当然と言えば当然」の返答を、Oはした訳だ・・・。





「えっと・・・・・・・









































俺、全部借ります・・・・。」










































まぁ・・・そうなるわな・・・・・・。
























f:id:g13longkill:20210525104832j:plain
f:id:g13longkill:20210525110259j:plain



一枚目の写真の中央。暗くて認識し辛いが


「充填豆腐」。


この名称では「売れにくい」らしく、表のパッケージでは大体「絹」になっていることが多いが、結果裡を確認すると絹では無い。




私も最近知ったのだが(恥ずかしい・・・)木綿でも絹でも無い、そもそも製法の異なる豆腐だ。

従来の豆腐と比較すると、とにかく日保ちする・小分けになっていて食べやすい等が魅力であるが、「充填豆腐は温める料理に適さない」とされてきた昨今、画期的な温めかたをテレビで知った(あさイチより)。


それが、この容器ごと湯で加熱。
5~10分、お好みで、と言うことだ。














f:id:g13longkill:20210525111001j:plain

これ、このまま食べると痛感するが「プルンプルン」と言う表現はこの為にあると言える。

また、加熱により大豆の甘味がアップするのも利点と言える。

ここにオンする餡を作る。











f:id:g13longkill:20210525111143j:plain
f:id:g13longkill:20210525111304j:plain

エノキの水分が飛び、豚肉から脂が出始める。

その脂をエノキがコーティングし始めたらキムチをドン。


全体に混ざったら仕上げに万願寺とうがらしを入れ、サクッと水溶き片栗粉で調整する。











f:id:g13longkill:20210525111519j:plain
f:id:g13longkill:20210525111541j:plain






完成だ。

サラダは
ビーリーフとブロッコリースプラウトを敷き、炒めたソーセージ・シメジ・コシアブラを乗せて、必殺タマネギポン酢。


麻婆の方はこれまた必殺「温玉ライドオン」。
辛みや塩味をマイルドにしてくれるこの逸材・・・巧みです・・・・・!!!!!


































「だよなぁ・・・見ねぇと分かんねーよな。」




「でも10本くらいでしょ、直ぐだよ直ぐ。しかも、ほぼほぼ面白いと思うよ。」




「あの・・・g13さんのそれも・・・良いですか?」




「あぁ、良いけど、これは俺も見たいから俺が払うよ。」




「いや、イイッス!付き合ってもらってますし、迷惑かけてますんで!」




「いいよ、んなこと。
でも、結構記憶を頼りに探すのって難しいからな。俺も今引っ掛かっているヤツが1本あるけど、思い出せないし。」




ここで急にHが割ってきた。




「g13さん・・・・実は俺もそういうのあるんですけど、イイッスか?」



え・・・・・マジで・・・・・。
「Hさ、ヒントは豊富なの?」




「いや、そんなに無いんですが・・・。洋画なんですけど・・・
何て言うか「凄い強い主人公」で「黒髪」で・・・。」





いや・・・・・それ・・・・

































セガールやろ・・・・・ッッッッ!!!!!!!

























我らは再び洋画コーナーへ。

もし仮に・・・・・・
セガールじゃなかったら・・・・・誰だ・・・・!!!!???











SSさん!謎の石橋凌登場ッッッッ!!!
危険な映画です!!!たらこスパは・・・たまに、無性に食いたくなりなすよね・・・・・!


Pちゃんさん!一口ありゃあ十分です(強がり)!!!
成る程・・・和製マフィア映画 = ヤクザ映画 = 任侠映画・・・いや・・・任侠になると、また噺が違うッッッッ!!!


kami3sakiさん!ただの抗争ではなく、サスペンスの要素もあったりするので、実は名作が多かったりします。ただ・・・コケる時はとことんコケますッッッッ!!!