g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 普通のタラコスパ



















「ちょっと良いですか?」






















と言われてみれば、だ。

















GWも丁度終わり、青葉の香りが街を覆う。
人によっては花粉症の季節でもあり、最悪な時期であるかもしれないが、それには無縁の私。


そんな大学時代のある日のこと。





次の授業まで時間があったため、生協で死ぬ程安い缶コーヒーを購入し、合わせてタバコの残段数を計算し、そのまま部室へと直行する。



部室のドアの付近に近付くと、何やら軽い喧騒が聞こえる。

まぁいつものことだ。







とにかく早くタバコが吸いたかった私は気の無い「お疲れ~っす」の声と共にイン。


すると、である。






後輩のOが端にいて、

後輩H、K
そしてミラクルG(こいつはあんまり聞いていない)



の3人に対して何やら力説している。








「だからぁマフィア映画なんだって!!!」



「いや・・・んなこと言われても・・・・。なぁK。」



「んー・・・そもそも、そんなに映画に詳しくないからなぁ・・・。」






横目で素通りし、缶コーヒーを空けて一口。
続けてタバコに火を着け、軽い至福の時間到来。








冒頭に戻ろう。


「ちょっと良いですか?」

とOが私に尋ねたのは、そんなタイミングのことだ。このクソ真面目っつーか、不器用ながらも熱い後輩は「体育系後輩」そのもの、である。


なんか、面倒臭そうだなぁ・・・、と思いあちらを見れば「ようやく解放された・・・」みたいな顔をするのが垣間見え、多少腹が立つが・・・。






「何どうした?」



「いや、Gさんは良いですけど・・・。
HもKも・・・俺の疑問を真剣に聞いてくれないんですよ!」




「はぁ?!何言ってんだよ!お前の説明が分からないから、こっちは困ってるだけなんだよ!
真剣に聞いて欲しいなら、もっと分かりやすく説明しろよ!」





「何だってッッッッ!!!!!ちゃんと説明してんだろ!」




「ちょ・・・ちょっと・・・揉めんなよ・・・。ちょっとG、どうなってんの?」




「んーとね・・・俺には難しくて分からなかったよ。」


クッソ・・・聞いたヤツを間違えた・・・。




「まず、落ち着いて。
結論から言うと、Oは何が疑問なんだ?」







「映画のタイトルが思い出せないんすよ。」




・・・・・・・・・・。




そんなことでこんな感じになってたんか・・・?
なんなんだコイツらは・・・。

ちょっと話したそうにしているKを制止し、



「どんな映画か説明してくれ」
と頼んだところ、返ってきた返答は「箸にも棒にもかからないレベルのモノ」であった・・・。






「えっと・・・ゴッドファーザーじゃない・・・





































マフィア映画です・・・。」






































・・・・それだけ・・・・・ッッッッ!!!!!!??????


















f:id:g13longkill:20210523154918j:plain

f:id:g13longkill:20210523155025j:plain

まずはサラダから。


サンチュを敷き詰めたその上に、ブロッコリースプラウトをフワッと。


マッシュルーム
ペッパーベーコン

をごま油で軽く炒めて、その上にドン。


たまねぎポン酢を回しかけたら、最後に必殺温玉。

これぞまさに必殺。
温玉を乗せれば大体正義である、と言うことは周知の事実である。















f:id:g13longkill:20210523155410j:plain

下準備。

ボウルにバターとタラコを適量。
食う側が「タラコが足りない」と言うのなら、後で足せば良いだけだ。


なんか、タラコが異様に安かった。
こんなときは、シンプル料理が一番である。











f:id:g13longkill:20210523155809j:plain


またしてもここで一工夫。

ヤマサの昆布ツユ

昆布

で出汁を取ったモノでパスタの麺を茹でる。
これでサラッと麺に味をつける。

タラコの味だけではつまらない。
深みを持たせよう。


もちろん、椎茸の出汁等、タラコに合えば何でもOKだ。















f:id:g13longkill:20210523160729j:plain









完成だ。

やはり、出汁で茹でるとちょっと味わいが違う(気がしているだけ)。

海産物の統一感も出せるし、実に便利であると言えよう。



因みに・・・私は一口しか食っていない。
「遠慮せず食べて」と言い、洗い物を終えて戻ったら、その分しか無かった、と言うわけだ・・・。












































ヒント無さ過ぎんだろうがァァァッッッッ!

そりゃあ酷じゃ!




「見ろよO!g13さんだってそんなんじゃわかんねーよ!」



「・・・・・・。」



沈黙するO。
そこへ、また余計なヤツが余計なコメントをねじ込んできた・・・。


「ん~・・・g13くんさぁ、今思い出せるマフィア映画のタイトル言ってみてよ。」


タバコの火を消し、取り敢えずパッと思い付くものを言ってみる(完全にマフィア映画とは言えないモノも含みます)。




スカーフェイス
カリートの道
パルプフィクション
LAコンフィデンシャル
アンタッチャブル
グッドフェローズ
・レザボアドッグス





「・・・・・今パッと思い出せる有名なヤツだとこれくらいかな。」



「・・・・・・よくそんなに知ってるね・・・・・・・」



「まぁ、映画は好きだからな。後、マニアックなところでいくと「モブスターズ(青春の群像)」とかだけど・・・。」




「で、O。今g13くんが言った映画の中に探してるのは?」




「いや・・・無いと・・・思います・・・。」





「思います」だぁ・・・・!!!???

ここで全員が「嫌な予感」を感じとり、首を傾げたままOを見る。

Hが・・・尋ねた・・・。




「・・・え・・・O・・・・・もしかして・・・・タイトル言われても、分からないパターン・・・・・???」



































「・・・・・多分・・・・・・・・。」





























「よし、授業終わったら皆でTSUTAYAに行こう。」















と言うGの謎の提案で、Oの思い出の1作を探す羽目になった・・・。

個人的には・・・

「ヤクザvsマフィア」

これ・・・お薦めです・・・!!!!!












Pちゃんさん!イカ天・・・・・また見たいですね・・・。



kami3sakiさん!「ただクドいだけ」だと思います!過去の記事を見れば「被っている表現」満載でしょうから、怖くて見れませんッッッッ!!!
まぁ・・・万人受けは・・・間違いなくしないでしょう・・・!!!