g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 ネギにまみれろよ(by純)




























🎶や~がぁて~男は~🎶
🎶静かに~眠るのぉ~でしょう~🎶


















🎶テンテレテテテテテン~~🎶




















何だ・・・・・、このさだまましコンサートの序盤みてーな拍手は・・・。



なんか普段より、うちのサークルの連中も聞いてる人数多くねーか?
どうなってんだ・・・。



このバンドに演奏力はない。
私とTが足を引っ張っているからだ・・・。






やはりHの歌唱力か・・・。

先日もお伝えしたが、確かにこの男の「甘々ボイス」は強力だ。
ご存知の皆様は逆に次の曲の落葉で、




「ワイルドさが足りなくなるんじゃないの?」




と言う不安をお持ちの方もいらっしゃるだろう。しかし、この男。



声の甘さが転じて「ガナリ声を出すと、何故かグラハム・ボネット(レインボー)っぽくなる」と言う危険な状況になる。
そんな余計なことを感じながら、落葉。




イントロがキーボードから流れ始めた・・・。





🎶パパパ~~パッパッパ~~🎶

🎶パ~パ~パパパ~🎶



ラッパからブルースハープに切り替わるタイミングで、「私がこの軽音サークルに入ってから経験したことがない事態」に見舞われようとは思いもしなかった・・・。

なんと・・・・・教授たちの・・・・・・







































手拍子が始まった・・・ッッッッ!!!!

















ヤベーッッッッ!!!!!!!

完全に拓郎世代の連中じゃねーかッッッッ!!!




🎶もどる~ぅた~びにぃ~日が沈ん~で~ゆくぅ~🎶


の箇所で、つま恋でバッキバッキに喉が死んだ拓郎を上回る「グラハムボイス」が炸裂!



しかもサークルの若い連中ときたら、「ほぼ全員メタル野郎」の為、裏の拍子に合わせて





「ヴォイッッッッ!ヴォイッッッッ!」



の大合唱だ。
表に手拍子、裏に掛け声・・・。
いいか・・・テメーら・・・・・。









































叩き辛ぇだろうがッッッッ!!!!!!













f:id:g13longkill:20210520112528j:plain
f:id:g13longkill:20210520112551j:plain

毎年恒例、ワラビの味噌タタキ。

結局、ワラビはこの食い方が一番好きである。


これぞ、完全に飲み物です。













f:id:g13longkill:20210520112710j:plain
f:id:g13longkill:20210520112737j:plain

アホかって言うくらい、九条ねぎを大量に貰ったのだが、西の人間ではないので活かし方が分からず、見事なパワープレイ。

豚骨系のラーメンに入っている九条ねぎは美味いだろう、と言う発想から

この市販スープのコラボ。


そこに九条ねぎの青い部分を大量投入。
これでスープはOK。










f:id:g13longkill:20210520113030j:plain
f:id:g13longkill:20210520113106j:plain


昨日から甘めの味噌に漬けておいた豚肉に火を通す。

序盤から強火でいくと一気に焦げるので、最初は弱火。

仕上げに強火だ。

そこにネギの残りをオン。













f:id:g13longkill:20210520113413j:plain








完成だ。
そんなに出来の良いネギではなかったのだろう。細かったし。

私は特に感じることはなかったが、妻は「辛い」と言い、そのままレンジに放り込む、と言う荒業を展開。



でも、やはり味は良い。
そう思ったのだ。




































何とか終えた頃には無駄に疲弊している私がいる・・・。
あのOさんもちょっと不足の事態過ぎて
言い回しに切れがなくなってきている。


しかも客席を見れば、バカ後輩共の「謎の盛り上がりコール」のせいで、一人・また一人と客は増えているようだ。

キーボードのセッティングが終わり、例のイントロが流れ始める・・・。






















🎶ジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャン~テレン~テレン~🎶







・・・・・・・・・・・・







🎶もしも~願いがっ~かぁ~なぁ~うぅ~なぁ~らぁ~🎶



練習室で聞いた声ではなく、ハコの広さでHの本気の声量になっている。
しかし、「空気を読んだオーディエンス陣」が、この声を聞くために、先程とは異なり、客席は水を打った様な静けさである。



サビまではドラムが無いが、ある意味、怖くて客席を見ることが出来ない。
Bメロ終わりを目を閉じて静かに待つ。

ようやくサビに入った、と安堵したのも束の間・・・。
「イヤな音」と共に事件は起きたのだ・・・。
Tの・・・・・





































ギターの弦が切れましたッッッッ!!!!!!!
















緊張してたんかいッッッッ!!!
そんな激しいカッティングなんかねーだろ!






さて、ここでご考察頂こう。

この曲を知っている方々ならば、既にお分かりかと思われる。

大分、面倒なことが起きた風、に書いているがんなことは無い。

だって、この曲・・・

































別に、ギター無しで良いし・・・・・。





















まぁ次の銀河鉄道では必要だから、誰かから借りて演奏してくれ・・・。








SSさん!
コシアブラは、なんとしても入手して食べて頂きたいッッッッ!!!!!!
この一口ピザは・・・簡単です!!!