g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 材料的には不本意ながらもガチ納豆汁













For ずずさん and natto lover's.























納豆苦手な方は、米のところだけご覧下さい。











ずずさんとの約束を果たすため、本日は「ちゃんと」納豆汁を作ろうと思います。

以上の点から、今日の内容は一貫して料理の内容になります。




納豆が苦手な方も多いでしょう。
事実、昨年納豆汁を記事にしたら、閲覧数がとても素敵なことになりました(あんなに少ないとは・・)。





しかし、ある種、日本国内で納豆汁を郷土料理としてきた秋田の、そして県南の人間(もちろん食べない地方も多くあります)。



好きな人には堪らないが、嫌な方にとっては、特にあの暴力的な臭いが、嫌悪の対象になるのでしょう。


まぁ好き好きですので、こればかりはどうしようもありません。


まぁ、お付き合い下さい。
















本来必要な材料



・納豆パック人数分(出来れば粒の大きいモノ)


・豆腐(絹・木綿・gはお好みで)


・わらび(本当は塩漬けが好ましいが水煮でも可)


・油揚1枚


・里芋(数はお好みで)


・さもだし・さもわたし等と呼ばれるキノコ(方言で色々呼び名があり、私は正式名称は分かりません!ナメコでも可)


ネギ(お好みで最後に)



となります。
基本的に納豆の香りが強いので、何かが足りなくても味がおかしくなる、と言う事はありません。




今回は

・里芋の時期ではない為、里芋を入れない。

・わらびの塩漬けは実家にあるが、先日持って来忘れた(因みに家の畑で採れたもの)為、水煮で。

・キノコが謎な為、ナメコで。

・公式には煮干を使うべきだが私が「昆布出汁派」の為、そこの調整を。




以上の制約をもって作りたいと思います。
残念ながら材料的にはやはり「秋から冬」にかけて手に入り易いですので、パーフェクトにいきたい場合は、現状無理をせずとも良いかと考えます。





では、参りましょう。
因みに、簡単ですが、手間のかかる料理です・・・・・・(ちゃんと作るとね!)。








本日は妻が好きな通称「半殺しバージョン」でいくので、本来はもっと大変であることをここに明記しておきます。












f:id:g13longkill:20210429111625j:plain

まず出汁を。
煮干の香りが気になる私は、最小限に量を抑え、代わりに昆布を入れます。

まぁ、どうせ納豆のフレーバーには煮干と言えどもなかなか勝てないので、そんなに気にする必要はありません。


絶対に沸騰させないこと。














f:id:g13longkill:20210429133456j:plain
f:id:g13longkill:20210429135500j:plain

とにかく、材料は1cm四方程度で、同サイズにカット。

これが基本型です。
面倒臭いが、なんとか頑張って頂きたい、そう願うばかりです。











f:id:g13longkill:20210429140444j:plain
f:id:g13longkill:20210429140528j:plain


さて、本番はここからです。
結構疲れます。

原形が無くなるまで、潰しては擦り、潰しては擦り、の繰り返しです。


2枚目の画像で半分程度、と言ったところ。

あの集合体の中心には「難を逃れた」粒の連中がまだまだ存在します。
徹底的にやっちまって下さい。
因みに「半殺し」は「完全に潰さない」状態を言いますので、今回は敢えて少量の粒を残しました。





諦めたら・・・・そりゃあしょうがねえ・・・。













f:id:g13longkill:20210429140850j:plain
f:id:g13longkill:20210429141529j:plain


必ず

材料を煮ていた煮汁を

すり鉢に少しずつ入れて、良くのばす



これ、ポイントです。
まだ擦り潰していない粒もここで抹消するつもりでいきましょう。

この状態の納豆を鍋に入れて無理矢理伸ばす、と舌触りが悪くなります(これも好き好きです)。

後は擦っている本人が満足したら鍋に入れて、味噌で調味。

何度も言いますが、沸騰は厳禁でお願いします。















f:id:g13longkill:20210429141952j:plain
f:id:g13longkill:20210429142020j:plain


何故かキンキを貰った(ちょっと日が経っていた)ので、ガンガンに身を削ぎ、炊き込みご飯に。

脂が中々ので、大量の針生姜、酒と共に炊く。
ちょっと出汁も入れました。














f:id:g13longkill:20210429142247j:plain










完成です。

仕上げのネギは、よそってからパラリと、が実家スタイル。

炊き込みご飯の大葉もまた然り。





先日ずずさんが使用していた「ヤマダフーズ」の「既に潰された納豆」でも美味しく出来ますが、一応、ちゃんと作るとこんな感じでございます。



パーフェクトバージョンを作る場合、一番面倒な過程が無いので、まだまだ楽な方です。


え・・・・・???
一番面倒なのは何かって・・・???

それはもちろん・・・・・






























里芋のカットだッッッッ!!!!!!!

















ヌルヌルで切りにくいんじゃッッッッ!
一旦下茹でするからのぉッッッッ!











簡単ではございますが以上でございます。
至らぬ点はお許し下さい。









SSさん!是非、召し上がって頂きたいモノです!醤油ダレが最高なんです!


kami3sakiさん!そうなんです。ある一定の常連でなければ、こんなビックリメニューはきません!
いやいや・・・・寝て、食べて、それでも良いんです!健康に過ごしてくれればそれでッッッッ!