g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

二球 煮干そば「激」 TP味玉














今日からラーメンの記事が続きます。
























起きれない。

























疲労の蓄積。


















なにかこう、重くのし掛かるモノを感じる。日々の生活に多少支障が出るレベル。
栄養は摂取していると思うのだが、小食が転じて不足しているのか・・・。


実に難解な命題が私に突き付けられているような気がする。


そんなときは「チャージ」、これしかない。引きずる様に体を起こし(て言うか目が覚めた)、








今日こそ空いていてくれ駐車場!







と言う祈りを込めて、私は向かう。



先日も記載したように、仮に二球がダメでも朝ラーで「チャージ」出来る店はまだある。

しかし、保険が効いたとしても「ここのラーメンが良い!」と言う欲は存在するモノであると思う。


到着すると駐車場に1台空き!
即ライドオンし、店内へ。




いや・・・・・・・二球に来るのはいつぶりであろう。
この付近に住んでいた頃はよく行っていたが・・・。

一応、私のブログで二球を紹介するのは初めてであるから「初めて食った体」で紹介させて頂こう。



















f:id:g13longkill:20210425135442j:plain



「朝」を感じさせるビジュアル・・・。

朝日とスープの化学反応が実に心地よい。
この「斜」に切られた麩の存在感、そしてはみ出るチャーシューに逞しさを感じるのは私だけであろうか。


隣の兄ちゃんは「油そば大ニンニク有り、チャーシューライス」と言う「ティファニーで食べる朝食以上の品」を片っ端から胃にチャージ。

若いって・・・スゲーな・・・。















f:id:g13longkill:20210425140009j:plain

ぬぬぅ・・・・・・・・・。



























E...GU...MI...だ(良い意味で)・・・ッッッッ!!!!!!




















まさかこのビジュアルで「えぐ味に近い苦味」を存分に感じられようと、誰が想像したであろう。

通常、煮干系でそれを感じる場合、やはりセメント系の見た目が多いが、この澄んだスープのビジュアルとのギャップが、よりハードな印象を植え付けてくる!


これが私のしたかった「煮干チャージ」だッッッッ!













f:id:g13longkill:20210425140604j:plain


この「ブルンブルンかつムニンムニン」の麺はスープの持ち上げ方も半端じゃねえッッッッ!

調子に乗って勢い良く啜ると、予想外の麺量、そしてスープ量を持ってくるので、火傷必至の代物だ。


是非、調整することをお薦めしたい・・・。















f:id:g13longkill:20210425141227j:plain

切り取り線でもあるのだろうか・・・。

持ち上げようとすると「あるライン」でスッパリと切れるチャーシュー。


味は意外にもオールドスクールそのもの。
二球には「ノーマルな中華そば」もあるので、落ち着きたい方はそちらもお薦めである。











f:id:g13longkill:20210425141423j:plain


口内エクスプロージョン確定の麩。

ゆっくり、実にゆっくり食べなければならない。
焦りは禁物である。








f:id:g13longkill:20210425141607j:plain

何度も言うが煮干には辛みが合う。
これは鉄板案件。

結局、こんなモンじゃなく、大量にブッ掛けたのは内緒の話である。










f:id:g13longkill:20210425141832j:plain


ある種、味玉研究家でもある私は皆さんに紹介するため(テメーが食いてえだけだろ)、必ず注文する。

このねっとり度合い。
味は醤油のふんわり系。
煮干の圧が強いため、違ったメニューだともっと合うだろう。




後日、必ず油そばからの味玉追い飯でご紹介させて頂きたい。


















f:id:g13longkill:20210425142137j:plain











ごちそうさまでした。


完全にチャージ完了。



2時間キープ、10秒チャージ・・・。
ふざけんじゃねえ、なんだそのキャッチコピーは・・・。




胃に染み渡る煮干は、むこう2時間(キープってこう言う事だろ)は「素敵な口臭」を味わわせてくれる。




胃に優しい、そうとしか言えない。

比較的メニューも豊富なので、コンプリートの為には通う必要がある訳だが「朝から全メニューOK」と言うのは実に有難い。



Googleの口コミでは

「ニボニボ感が足りない」等と言う、すっとんきょうなコメントがあるが、二球の煮干の凄さはあくまで「抽出度合い」である。

それが食いたきゃ陸王か5102に行け、以上だ。
























食べ終わる頃、ハイテンションな男女の客が入店。


女性 「油そば小(これで普通盛り)ニンニク」


後から入ってきた男性が、食券購入に無駄に時間がかかっている。


結果・・・



男性 「油そば(大)ニンニク TP海苔・ネギ・メンマ(マシ)無料追い飯・チャーシューライス」














さっきのティファニー兄ちゃんの上を行く注文・・・。
良く見りゃいいガタイしてんじゃねーか・・・。





「私ニンニク有りにしちゃったから、絶対帰ったら家族に怒られる。まぁ良いか!」



「イイッスよ!全然!」



「て言うか、あんたトッピングし過ぎじゃない?」



「麺とネギが一緒に口に入らないと、ラーメン食ってる気がしないんすよ!やっぱりネギ最高ですよ!」




「あ、すいませ~ん。私のネギ抜きでお願いします!」




































どういう会話・・・・・ッッッッ!!!!!!





















今日も・・・・・平和だ・・・・・。







Pちゃんさん!怒られませんでしたか?!
やはり・・・バットは投げてはいかん!


kami3sakiさん!飛ばしちゃいましたよ・・・色んなモノを・・・色んなところに・・・。
そうです・・・ハンバーグで全てチャラでしたッッッッ!


山姥さん!せめて・・・武蔵の「鞘」の扱いになりませんでしょうかッッッッ!!!!
ハンバーグの為に、体を張る武士・・・・・そんな奴はいねえッッッッ!