g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 材料だけが贅沢なパスタ
























角館から南下し川連方面へ。






















折角だから、「佐藤養助本店」へ向かう。





















平日ではあるものの、流石の混みようだ。

近くに「寛文五年堂」と言う老舗もあるのだが、個人的にはこっちの方が好きなのだ。

そう、これは好みの問題。
否定している訳ではない。







「・・・g13くん、なに食べればいいの?て言うか、本当にここで食べるの?」




「あのさ、頼むから騙されたと思って食ってみてくれ。」




先日も書いたが「店で食う」のと[家で食う]のとで「天」と[地]程の差が出るのが稲庭うどんの特徴の一つである(これを「稲庭うどん詐欺」と言う)。





「すいませ~ん。二味せいろ二つお願いします。」







二味せいろ

二把のうどんと2種類のタレ。

醤油ベースとゴマ味噌ベースの味わいの違いを楽しむメニューだが、驚くべきは「麺の締め方」。




Pちゃんさん、ここですモンね!!!!!





家庭ではほぼ絶対に真似できないやり方の為、ここで「うどんそのものの食感・喉越し・味」に、とてつもなく大きな差が生じる。

因みに「温かいうどん」を頼んでもしっかり締められているのでご安心召されい。








「まず、何もつけずに食ってみろ。」




「・・・・・・・・・え・・・・・えぇぇぇぇッッッッ!!!!!!!








































超美味えッッッッ!」


















そうなのだ。・・・。
家で「間違いだらけの稲庭うどん」を経験しているからこそのこのリアクション。

私もその一人であった・・・。

スタートから店で食べたことのある方には分からない衝撃が、そこにはある・・・。
















食べ終えたGは完全に感無量。

「お土産としては買うな。」と言う私の助言に激しく賛同。

と言う事で次の目的地に向け出発進行。



















おい・・・・・・・・誰だ・・・・・・・・・。














































下手な韻踏んで調子に乗るな、なんて言ってる奴は・・・・!!!!!














f:id:g13longkill:20210326151449j:plain
f:id:g13longkill:20210326181614j:plain
f:id:g13longkill:20210326181656j:plain

小安温泉郷特産地熱乾燥トマト

そして

小豆島オリーブオイル



この時点で美味しさ爆発に間違いはないのだが、ここにマキシマムを投入。
味を伝達させつつトマトが柔らかくなるまでしばし待つ。







f:id:g13longkill:20210327112046j:plain
f:id:g13longkill:20210327112123j:plain

いつも通りえのきを炒め水分を飛ばす。

機を見て大根を投入し、一緒に軽く炒める。

大根から水分が出てきたらサバ缶を「汁1/3を含め」て入れ、その汁が蒸発する直前まで、サバの身をほぐしながら炒める。

おろし生姜は様子を見ながら入れていく。












f:id:g13longkill:20210327112432j:plain

仕上げにネギを大量投入し、味噌で味をつけてまず一品。







f:id:g13longkill:20210327112548j:plain

妻が帰って来たので、パスタを茹でる。
本日は大量の塩で。



て言うか面倒だから、プチヴェールもここで茹でる。

プチヴェールは食べやすい大きさにカットし、洗っておく。


プチヴェールは1~2分で茹であがるので水分を切りボウルに。
そこへ先程のトマト&オリーブオイルを入れ、茹であがったパスタを入れ、和える。

パスタの水分は切らず、ここで乳化させる。


味見をしながら追いマキシマム。














f:id:g13longkill:20210327112948j:plain









完成だ。
最早美味しくない訳がない。

誰がどう作っても間違いのないパスタの完成だ。


間違っているとすれば完全に「汁との組み合わせ」・・・・・・。


まぁ、私が食べたかったので問題なしだッッッッ!

まさかの稲庭うどんの内容でパスタを被せることになろうとは・・・。





































道中、「今までの稲庭うどん感」、が完全にひっくり返った事で盛り上がる車内。





「いや、マジでビビったよ!」



「だよな。俺も初めて店で食ったときは焦った。」



「これから何処に?」





宿泊先を横手市とし、「まともな横手焼きそばを食べることの出きる居酒屋」を予約していた私はGを「横手市増田まんが美術館」に連れて行った。




Gは駐車場に着くなり大ハシャギ。
しかし、「偏った漫画」しか読んでいないGは、受付で「開いた口が塞がらないコメント」をブッ放し、受付の方をフリーズさせることになった・・・。







「ここ・・・アレですよね!
















































石ノ森章太郎のところですよね!」

































そりゃ宮城じゃッッッッ!!!!!!!






















苦笑いのお手本を見た、そんな気がした・・・。












Pちゃんさん!焼肉屋で食うのも良いもんです!
何故か「甘い」んですよね!


kami3sakiさん、ご心配ありがとうございます。妻はただの定期検診。異常はありませんでした!
すいません、このMと言う男、何かのタイミングで食欲が暴走するんです!


bollaさん!食べる前日に「ドライフルーツ」を忍ばせて置くと、何より栄養価が高くなります!
マンゴーがお薦めらしい(お前食ったこと無いんか!)です!
しっかり食べて、体力つけてくだせえ!