g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 疲弊した男のリメイクと、謎のスープ




















宴は最高潮。






















サークルの夏合宿。























ライブしながら酒を飲む。
今さら考えると「しっかりしないと」まずい現場に遭遇する可能性に遭遇する。

まぁそう言う意味でしっかりした連中は少なくない。

私は例の如く喧騒を避ける為、並びにタバコを吸うためロビーに移動し、新しい缶ビールを空ける。



一人落ち着いていると、切れ者Kさんが登場だ。








「おうg13。あら・・・俺もビール持ってくりゃあよかったな。」



「あぁ、良いっすよ、俺取ってきます。」



「良いよ、んなことさせられるか。自分で行くよ。」



「俺もすぐ無くなりそうなんで、一緒に行きましょう。何本かストックがあった方が良いですし。」


「よし、じゃあ行くか。」




途中まで吸ったタバコを一旦消し、宴会場へ戻る。









「おっ、g13これだけ聞いていこう。」


前奏が丁度聞こえて来た。
レッチリの「サックマイキッス」。


あのフリーの重低音ベース。
チャドのアホみたいなペダル。




曲自体のコピーはそれ程大変ではないが、あのグルーヴ感を出すには相応の実力がいる。


襖を空けて宴会場に入りビールを取りに向かう。Kさんは壁に寄りかかり聞いている。

その内一年連中が異様に盛り上がりを見せる。
中でもこの春、社会人から「やっぱり大学に行ってみたい」と一念発起し、見事入学を果たしたNくん(25歳で、全然年上)が、先程から随分縦ノリだ。


私ですら敵わぬ、タッパは190cm。
その男がこのグルーヴに合わせてノリノリでジャンプを繰り返す。


ビールを数本持ち、私が振り返った瞬間、事故、否事件は起こった・・・。








































バギッッッッガリッッッッ!!!!!!!



















f:id:g13longkill:20210319181103j:plain

今日も疲れた。
骨に、そして昆布に、圧力鍋大先生に頑張って頂こう。


先ずは出汁だ。













f:id:g13longkill:20210319182214j:plain

大根
ニンジン
シメジ
椎茸

醤油
味醂

を適当に全て投入。
味付けは煮終えてからでも十分間に合う。










f:id:g13longkill:20210319182504j:plain

火を入れていないフライパンに

卵二個を溶き、ヤマサと砂糖、酒を混ぜておく。


弱火でじっくり火を入れてから










f:id:g13longkill:20210319182836j:plain

昨日のきんぴら風の残りを、全てオン。

否、イン。


卵とじにしようと思ったが、面倒なのでオムレツにしてしまった。











f:id:g13longkill:20210319183023j:plain









完成だ。

マジで手抜きか。

疲労とはかくもしんどい。


なんか、全体が茶色だ。緑がもう少し欲しいと思ったが、今の私には不可能である。

結論としては、睡眠不足・・・以上だ・・・。















































えーーーーーッッッッ!!!!!!




















なんとモッシュしたNくんがまさかの昇龍拳ッッッッ!!!


トーラーなそのタッパから繰り出される拳が・・・

































天井を突き破った・・・・!!!!!!



















爆笑するクレイジー酔っ払い軍団・・・。


ギザギザの木のせいで流血を心配する冷静軍団・・・。




そして・・・・・・この問題を一手に負う・・・・・・





































後輩の幹事・・・M・・・・ッッッッ!!!!!!!





















Mは次の日に滅茶苦茶謝っていた・・・。

Mはそんな日の元に生まれたのだ・・・。