g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

陸王 中華そば















飲み過ぎた・・・・・・。

























最近家で飲みすぎてしまう。
















そうだ、じゃあ家に酒が無ければ良いじゃないか!

と言う安直な光明を見出だした私はその日、家にある酒を片っ端から飲んだ。

酔い過ぎて、その日妻から軽く説教を受けながら私はヘラヘラ笑っている、と言うまさに地獄絵図。













私は・・・・・・・・早目に・・・・・・寝た。











大分早目に起きた私は軽い二日酔い。
二度寝をしようと思ったが、異様に眩しい朝日のせいで、それも不可能。

シャワーを浴びながら私は一つの懸念材料に悩まされた。
それは「腹が減った」・・・・・・以上だ!




そうと決まれば後はオフェンスあるのみ。
即着替え、通常よりも一時間早く家を出て、通常の出勤経路とは逆の道をひた走る。

駐車場は空き全開だ!


勝利宣言を胸に圧し殺して、しばし、待つ。















f:id:g13longkill:20210305213258j:plain


これなんだ・・・!!!!
私はこのご尊顔を拝みたかったのだ!

中華そばも「それ専用の麺」で構成される。
やはり陸王の店主は鬼才、としか言いようがない。

最近、何も言わなくても「具材が少な目」で出てくるようになった。
いっつも「少な目コール」をしていることを、認識して頂いたのかもしれない!




そして、未だ7時半・・・。


最高の朝食になりそうだぜ・・・・・!!!














f:id:g13longkill:20210305215438j:plain

ぬぅ・・・・・・・




































アッツァァァッッッッ!!!!!
















「中華そば」の油膜じゃねえッッッッ!!!!!


でも、でもである。

全く油っぽさを感じさせない店主・・・。
マジで危険な男だ。

動物系の甘さに加えての醤油の切れ味・・・。



流石としか言いようがない。
これで550円・・・・・・・。

ただただ、感服するのみだ。














f:id:g13longkill:20210305220033j:plain

見た目からは想像もつかないかもしれないが「ムニンムニン」のこの麺は、北欧神話もビックリの食感。

結局パッツンよりもこっちの方が好きな私は、やはりマイノリティなのかもしれない。

さぁ、皆さん。
グリーン・デイを熱唱しようじゃあありませんか。














f:id:g13longkill:20210305220330j:plain

スープを完全に吸いきった麩が不味い訳がない。

これはピタゴラスでなくとも容易に理解することが出来るに違いない。










f:id:g13longkill:20210305220557j:plain
f:id:g13longkill:20210305220623j:plain

今日はある種「おしとやか」なメンマとチャーシュー。

小食の私には、かつ朝方はこれで最高。

俺が食いてえのは・・・麺だ!










f:id:g13longkill:20210305220811j:plain

にざんささん・・・・・結局海苔巻き麺しかしない私はだめなのでしょうか・・・!!!

でも、最高なのである・・・!!!















f:id:g13longkill:20210305221303j:plain

本日も味玉ありがとうございます。
驚異的に米に合う味玉を食うと、米を頼まなかったことを後悔することになるのだが、それは置いておこう。


まだ・・・・朝だ・・・・・!!!!!













f:id:g13longkill:20210305221507j:plain










ごちそうさまでした。

食ってる途中に、二日酔いなど「無かった事の様に」なるのは、陸王のなせる業。

実に胃に染みる味をありがとう。

その言葉しか出てこない。


朝から
「豚ラーメン肉増し、ネギ飯」

等とコールする兵は、間違いなく夜勤明けの猛者としか思えない。

ニンニク入りのメニューを食えないのは残念だが、まぁ・・・・しょうがあるまい・・・。











































その日の晩。

妻に「朝から陸王に行ったこと」を告げると、



飲み過ぎた時、等比較にならないくらいぶちギレられ
、散々罵倒
されたが、私の一言でその場は一挙に収束する。

































「じゃあ、その時間に起きれたのか?」

























寝坊助の妻には無理な話なのだ・・・。







SSさん!未だ謎の出来事・・・。
雷はマジでビビりましたッッッッ!


Pちゃんさん!私のブログは最早メインが文章なのか料理なのか、自分でも不明です!
何なんでしょうね・・・不気味な軽自動車でした・・・。
雷は本当に凄かったです!火花がフロントガラスに落ちて来て、ワイパーで押し流される、と言う謎の事態!