g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 ハニーマスタード・・・・























「やっべー・・・スゴい怒られちゃったよ・・・。」






























当たり前である。















誰も「クラブを打ちっぱなし」とは言っていない。
未だに私の脳裏に焼き付いている、あの銀の棒状のモノの縦回転、は、ある種実に美しかった。


ほぼ開店と同時に来ていたため、客がそこまで多くなかった、と言うのも、何か運が良かったことの1つと言えよう。



Gがその後、おっかなびっくり打ち進める中、私の方はと言えば、一向に上達しない。
何発かに一発は、何とか前に飛ぶのだが、「その感触」を覚えたり、維持することが出来ない。











ボールの代金の事も考慮すると、そんなにバンバン打つ訳にもいかず、慎重なプレイが求められている。














まぁ、そろそろ分かってきた。

皆様もお分かり頂けるであろう。
ダラダラとは言え、一時間以上もやってこの結果ならば・・・・・・







































センスが無いと言うことをッッッッ!!!!!!!

















f:id:g13longkill:20210128094836j:plain

豚を豪快に食いたい、と連絡があったのが15:00頃。

であれば、だ。

先日購入して、ウキウキしていたコイツを使って野郎と思ったのだ。






f:id:g13longkill:20210128095010j:plain

ナイスマスタード
実は私は隠れマスタード野郎。

大量投入してやるぜッッッッ!




あ・・・・・あれ・・・・・・・!!??







































ハチミツが見当たらねぇッッッッ!!!!!
















f:id:g13longkill:20210128095503j:plain


苦肉の策

ミリンと砂糖で補うと言うパワープレイ!!

表題が不安定な件に関して、ご納得頂きたい。

醤油 少々 
酒 少々
マスタード 大量


で、10分以上置く。


その間、








f:id:g13longkill:20210128111941j:plain

ニンジン 1/3
大根 1/3
タマネギ 1/2
キャベツ 1/3


を和風出汁で水から煮る。








f:id:g13longkill:20210128112132j:plain
f:id:g13longkill:20210128112158j:plain

沸騰してきたら火を弱め、がんもどきを盛大に投入し、必殺キッチンペーパー落し蓋。

あとは、妻の連絡を待つ。









f:id:g13longkill:20210128112338j:plain

フライパンには油をひかず、直で行く。

全体に火が通り、ソースが蒸発してきたらOK。







f:id:g13longkill:20210128112450j:plain









完成だ。

思いの外美味しくできたから良かったが。

因みに奥のフライパンは先日の豆腐キムチチーズ。
何気に妻も気に入った様である。



「いや、ハチミツ無くてさ、ミリンと砂糖でごまかしたわ。」



「・・・・・





























そこにあるよ。」







































あるんかいッッッッ!!!!!!
















となったのも、家らしい出来事である。


































「ダメだ・・・センスねぇッッッッ!

残った奴打ったら帰ろうぜ。」





「そうだね・・・。腰いてえ・・・。」


ヘルニア野郎の腰痛が、ぶり返しても困る。

残りの全てでフルスイングを誓った私は気合いを入れる。
絶対に一球くらいは狙ってジャストミートしたい・・・。




「シャーッッッッッ!」



と、気合いを入れる。
全力でフルスイング!


あ・・・・・・あれ・・・・・・・・・



私も・・・・・・・・
































すっぽ抜けました!!!!!!!!














さっきのGとは全く異なり、異次元の距離を稼ぐアイアン。超危険な弾道を描き、鈍い音を立てて転がるアイアン・・・・・。


数分後・・・・・。































「君たち・・・出禁ね。」





































すいませんでしたッッッッ!!!!




















まぁ、帰りの車は盛り上がったとさ・・・。