g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想とレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 余り物を駆使





















おいおい・・・・滅茶苦茶暑いな・・・・・・。



























「海岸でバーベキューをしよう。」










と言うメールが送られて来たのが先日の夕方。
そして、同級生のGの車に揺られて海に到着した。

海水浴シーズンが終わりを告げ、多少閑散としたビーチに、人はまばらである。

Gと私が車を降りると、砂地の方から我々を呼ぶ声が聞こえる。











声のする方を見れば、我々を含め20人程度、と言ったところか。



「お疲れっす。」



と、気の抜けた返事をしつつ、焼け始めた肉の香りは食欲をそそるモノである。









砂地に大きめの炭火セットと網、そして七厘が1つ。

大半がその大きめの網で焼いているのに対して、お笑い番長Oさんと、私の嫌いなNさんとが、その七厘で、2人で焼こうとしている。




ここで誤解が無いように(あっても構わないが)説明しておくと、Nさんは私の2つ上。悪い人ではないのだが、とにかく面白くない。









自称ツッコミ、と掲げてはいるが、抑揚無く中途半端かつ薄ら笑いを浮かべながらのツッコミで、笑いが増幅するはずが無い。

ツッコミとはボケの増幅や、分かり辛いボケを同時進行で説明するモノであると考える。
よって、ボケのテンションを念頭に置いて、例えツッコミだったり、ここは大きい声で、だったりすべきモノであるはずだ。











いずれ、私はこの男が嫌い、以上だ。











今日も・・・・・・









「いや~Oさぁ~この七厘良いでしょう。俺の私物なんだけど、やっぱ、焼け具合が違うからさぁ。」




「え?なんですかソレ?ボケてんすか?炭で焼いてるなら全部同じでしょ。」




「うるせぇよ!俺の七厘だから旨いって言う話だよ!」























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




























なんてつまんねぇやり取りなんだ・・・・・ッッッッ!!!!















f:id:g13longkill:20210104140838j:plain

見てお分かりの通り

豆腐カステラ
伊達巻
なます

の三点だ。
なますは私が作った残りだ。











f:id:g13longkill:20210104141334j:plain

そして、謎の牛タン。







f:id:g13longkill:20210104141445j:plain

ほうれん草はおひたしにする。









f:id:g13longkill:20210104141629j:plain

まず皿盛り。
適当にやって行こう。









f:id:g13longkill:20210104141817j:plain

ハタハタを焼かないといけないので、味噌汁を軽く作っていこうと思う。

ネギと油揚げ。

これで十分である。



さて、ハタハタの塩麹漬けが焼けた。












f:id:g13longkill:20210104142046j:plain














完成だ。


手抜きも手抜き。
ほぼなんも作ってねえッッッッ!!!!!

ハタハタの焼き加減が難しいが、破裂させず、皮をくっつかせず焼くのは、結構大変。


まずOKといったところだ。




















なんだ!この生産性の無い会話!

マジで入って行きたくねえッッッッ!!!!










「今日もクソみたいにつまんないっすねNさん。普通Oさんと喋ってたら、絶対にそんなことになる訳無いっすよ。Nさんの取り柄はハゲなのにロン毛って部分しかないんですから、早く海に入って落武者のコスプレとかしないと。」






「おいおい、g13、お前2つ上の先輩になんてこと言うんだよ。このハゲ・・・あっ!失礼!この「散らかした人」にだって多少の人権はあるかもしれないだろ。


と言うことでNさん、早く海に行ってください。」







等と言う完全なる暴言からのOさんのダメ押し。

一気にNさんの顔が紅潮するのを見て、即座にOさんが






「あれっ???なんか顔が紅くなってないですか!?成る程!海に行くから、敢えて自分の体温を上げるってことですか?

いや~器用!大したもんだ。




で、早く海に行ってください。」











普通こんなに「イジられ」たら美味しいはずであるが、このNと言う男にそんな常識は通用しない。

ちょっと真顔になり、




「お前らさぁ・・・ちょっと言い過ぎじゃねーか?なに?俺のことバカにしてんの?」






「え・・・・・・・・・



























バカにされてないと思ってたんですか・・・ッッッッ!!!」

















この私の言葉で席を立つNさん。

はぁ・・・度量が無いと言うのは罪だ・・・。

海にわざわざ全身入らなくても、頭だけつけりゃあ笑いが取れるのに(本当にそれくらい落武者が似合う)。



Nさんがいなくなった分の肉が余るので、取り敢えず食べるが火力がいまいち。













「油でもかけりゃ良いんじゃない?」


と言う極めて危険なGの発言から、この物語は加速していくことになる・・・・。






Pちゃんさん!特に山菜の呼び名は訛っているので、正式名称が理解できていないのが現状です!


oyayubiSANさん!美味しいです!
ただ、必ず使い捨てのマスクを!