g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 もう鮭は嫌じゃぁッッッッ!














ロビーに戻って状況報告。

その場にいた切れ者Kさん、サークルの良心Hさん、同級生のGに現場を見てきてもらう。



「何あの状況、最悪だね。」


「あれは片付けさせないといけないでしょ。」









皆の意見が合致。
犯人捜しを慣行しようとするが、まだ皆寝静まっている。
先日書いた「早朝スラップ隊」の様なことは、先日の濡れ衣の様なことが無ければできる訳もなく、皆が起きるのを待つしかない















そうすると、あの、Oが来る。
先日のサンバイザー野郎。

やけにフラフラしている。
普段は男気溢れるこの男。しかし、酒が入るとどえらい事になるのは皆さんご存じ。


私とGのせいで「留年」することになるのは、いずれお伝えしようと思う。


今日も酔っぱらって、LUNA SEAのROSIERの演奏の際、「ギターソロを適当に誤魔化す」と言う詐欺紛いの事態を引き起こし、その筋の連中に「ボコボコ」にされているのである。




後輩Hが声をかける。



「O、大丈夫か?」


返事が無い。ただのしかばねの様だ(言いたいだけ)。








「おい・・・・・O。聞こえてるか?」




「あ・・・・・あぁ・・・・・・・。」



何か会話になっていない。私が声をかける。



「部屋で寝てたの?」



「いや・・・・・・なんか・・・・・・起きたら宴会場で・・・・・・・・。喉乾いて飲み物を・・・・・・。」






私が戻ってポカリを手に取り、Oに渡す・・・・・・・・・・・・・むぅ・・・・!!!!!!!?????








「お前・・・・・・・もしかして・・・・吐いた???!!!???

その手の臭いがするけど・・・・・・・。」





「わかりません・・・・・・・・・・





覚えてないんです・・・・・!!!!!」












「だったらなぁ・・・・・・・・































2階のトイレ見てこいやッッッッ!!!!!!!!」















f:id:g13longkill:20201212104300j:plain


どんなに旨くとも・・・3日も食えば・・・・・・・。

茄子
にんじん
ブロッコリーの茎
菜花の茎

に事前に火を通しておく。




f:id:g13longkill:20201212105153j:plain

その後、鮭を皮目を下に敷く。

中火で火を通し酒の横側に火が通り始めたら




f:id:g13longkill:20201212105753j:plain

ひっくり返して





f:id:g13longkill:20201212105829j:plain

味噌
醤油
みりん
砂糖
おろしニンニク

を合わせたタレを回しかける。








f:id:g13longkill:20201212110022j:plain

その上に菜花と大量のキャベツで蓋をし、バター一欠片を入れて中火と弱火の中間で蒸し焼きに。



ここからは時間勝負。






f:id:g13longkill:20201212110146j:plain

昨日の炊き込みご飯の残りを・・・・・・






f:id:g13longkill:20201212110233j:plain

もうここからは余裕無し。


久々、中華鍋での炒飯。
最高火力でブッ放す。

途中でネギ・胡椒を。

味は付いているからこれで十分。








f:id:g13longkill:20201212110541j:plain
f:id:g13longkill:20201212111053j:plain








完成だ。

まぁ、家庭で失敗しない確率が高いかも知れないが、たまには全力中華鍋炒飯も良いものだ。

ちゃんとメンテして、高火力、油の量で、意外と素人でも美味しく作ることができる。


ちゃんちゃん焼きは、なかなか失敗が無いので、安定の鮭料理。


ようやく使いきった・・・・・・。





















「どうしたんすかg13さん、吐いたからってOが犯人だとは限らないじゃないですか!!!」



流石同級生想いの後輩H。
しかし・・・・である・・・・。

私はOからポカリをぶん取り、





「おい、O両手のひらを皆に見せろ。」




「・・・あぁ・・・・・・・はい・・・・・・」




Oが広げた瞬間、皆察した。
Oの手のひらは・・・・・



























(乾燥してくっついた)トイレットペーパーだらけだったのだ・・・・・ッッッッ・・・・・・。









Oは二日酔いの状態でHに2階のトイレに連れていかれ、全面清掃開始。







詳細はこうだ。
私とHが一年の様子を見に行ったときにトイレで吐いていた。
その後、我々が一年を寝かし付けている間に、入れ違いで宴会場に戻り、そこで寝た。

その日の新たな目撃証言で、「なんかトイレットペーパーを巻き付けた様な人が歩いていた」と。


事実、宴会場に戻ると、トイレットペーパーの残骸が。しかも臭え。






まずは全部綺麗にさせる・・・・。










酒は・・・・・・・・ほどほどに・・・・・・・・。