g13longkillの飯(ラーメン・居酒屋・自炊飯)

食事の感想と料理のレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 カブをただ煮るだけなんてダメ


















2軒目の店を出る頃には、Mさんは「良い感じ」になっている。
私はまだ当時は「食ってから飲む」派の人間だったから、無論酔ってなどいない。
しかもまだ腹一杯でも無い。





「よ~し!g13くん!次だ!次!」



Mさんが3件目にセレクトした店は「コの字」の形のカウンター。

ただ、以前紹介した店ほどではないがとにかく狭い。コの字の奥にトイレがあるため、到達するまで、座っている客に100%ぶつかり続けながらでないと不可能だ。





Mさんがおでんと唐揚げを注文。
かなりのボリュームであり、味も良い。

酔ってきたMさんは急に・・・



「ところでさぁ!g13くんはジョジョだと何部が好きなの?!?」






「え・・・・・・急ですね・・・・・。俺はダントツで4部です。」






「はぁ?!・・・・・・・・・・


















気に入った!」














全力で背中を叩かれる。

「そうか!そうか!いやー!やっぱり4部だよな!」


ここからおそらくジョジョトークになるか・・・。
時計を見ると20:00。
まだまだ終わらないな・・・、と思っていた時であった。








「🎶ジャラ~ン🎶」








え・・・・・・何か・・・・・・・え・・・・・・・・??!!






麦わら帽子
アロハシャツ
短パン
グラサン

アコギを抱え、両脇には女性2人を侍らせている。

風貌は「ピカデリー梅田」のソレと近い。









「ウェ~イ!じゃあいつも通り、一曲いこうぜ!」









お・・・おう・・・・・。なんだ・・・何か渋滞し始めたぞ・・・。整理が付かねぇ・・・・。


上記のコメントの数秒後、もちろん私はその爺さんに釘付けだったが、隣の椅子が壁にぶつかる音と同時に、怒号が響いた。






「おい!ジジイ!!!!!!!


















ジョジョの話が出来ねーじゃねーか!」





















「それでは聞いていただきましょう。🎶ジャラ~ン🎶」




































ベクトルが平行線過ぎるッッッッ!!!!!!!!








f:id:g13longkill:20201126142957j:plain

カブを4等分。
例の出汁で煮る。





f:id:g13longkill:20201126143438j:plain

レタスを多めに千切り、皿の円周上に並べ、中央を空けておく。









f:id:g13longkill:20201126145448j:plain
f:id:g13longkill:20201126145519j:plain




椎茸、シメジを大量に炒める。
水分が抜けてきたら




f:id:g13longkill:20201126145710j:plain


挽き肉80gを投入し






f:id:g13longkill:20201126145923j:plain


カブを煮ていただし汁に、水溶き片栗粉を投入してキノコ・挽き肉と合わせ、餡を作る。
そして





f:id:g13longkill:20201126150100j:plain











完成だ。

カブをただ煮ただけだと「海原先生」に怒られる。
山岡士郎と同じ轍を踏む訳にはいかないのである。

先生みたいに「マッシュルームのペースト」なんてお洒落なものは無理。


まぁ・・・及第点かな。

























おい!かなりの渋滞じゃッッッッ!!!!!!

勝手に歌い始める爺さん。
私の横で怒号全開のMさん。

そして、何故かその曲に聞き入るマスターと、何も聞いていない他の客。


「個」とは恐ろしいモノである。




曲が終わり、爺さんが大声で












「マスターッッッッ!



















皆に一杯、俺からの奢りで!」
































「やるじゃねーかジジイッッッッ!!!!!」



























帰らしてくれいッッッッ!!!!!!!










SSさん、申し訳ないです!
なんか、貰うときは「尋常じゃ無い量」を貰うため、消費が大変!
イクラは・・・旨いですね・・・・!!!


Pちゃんさん、イクラは私の手作り。
鮭の卵を買ってきて、作りましたので、そんなに高いモノではないです。ただ・・・・手間がッッッッ!!!