g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想とレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 久々のポトフ風















なかなか手間がかかる。

スキャンした画像を、今度は先生がトレースした麻雀牌の「枠」に、牌の図柄を当てはめていくのだが、随分慣れない事に疲弊しているのであろう。

ことごとくサイズが異なるので、上手く図柄がはまらない。

その度に一度図柄を切ってから拡大と縮小を駆使して13~14の手牌にはめるのはとにかく手間だ。











先日は帰って来るなり「もう無理だ・・・パンクしそうだ・・・」と言ってそのまま倒れ込む。

「何か役、覚えました?」


の問いに




一気通貫





とフルネームで解答するあたり、当然ながらまだまだド素人。
役、ルール、流れを詰め込みで覚えたら、こんな風になるのは当然と言えよう。


当の本人は連日の雀荘通い、もう数時間経ったらまた特訓である。



私は先行して撮影した各手牌の処理があるので、そこに集中。
数時間で終わる作業では無い。
幸運な事にまだまだ締め切りは先なため、何とか余裕はある。


ただ、この男のペン入れが終わるのか、と言う問題に関しては完全に無視。
自分は自分の仕事をこなすだけである。


















疲弊した男が帰ってきた。
先日と異なり、何か困惑の表情も見てとれるが、私も帰宅時間のため、帰る準備をする。








「g13くん・・・・・・これ・・・・・・今日の昼食代・・・・・。」







昼食代を置いていくのすら忘れる程の辛い仕事ならば、断れば良いのに・・・。とは所詮アシスタント目線。
この人も稼ぎ、そしてアルバイトへの賃金も払う立場。

覚悟して辛い仕事をするのはどの業界も一緒。
そうやって信頼を勝ち得る場合もあると思うのである。






這いずって、また牌の前に鎮座。
牌の扱いは日に日に上達している気はする。

何か並べているが・・・・・・・





「g13くん・・・・・・・・帰る前に・・・・・・・平和・・・・・教えてくれない?」






「良いっすけど、結局平和が一番難しいっすから焦らなくて良いと思いますよ。」







平和の説明を素人にする際、最も大変なのは「この場合は平和にならない」のパターンを説明する時である、と思うのは私だけであろうか。

一つずつ伝達するが、1つ、疑問に思うことがある。













「先生、なんか大分一生懸命ですけど・・・・・・何かあったんですか?」






「・・・・うん・・・・・・・来週ね・・・・・・・






























大会に出ることになった・・・・・・・」















































んな・・・・・・・・・・ッッッッ!!!!!!




















f:id:g13longkill:20201016191318j:plain
f:id:g13longkill:20201016191633j:plain



冷蔵庫ある野菜をとにかく圧力鍋にgo。

今回は

キャベツ 1/3
大根 1/3
たまねぎ 1
パプリカ 1/2
ニンジン 1/3
出汁用のソーセージ 2本

を、例のスパイス、塩で似る。


蒸気が出てきたら弱火で25分程放置。
その後一旦沸騰が収まったタイミングでソーセージを入れる。
圧力鍋で、ソーセージを加熱した場合完全にバーストするため、今回の手法をとった。


f:id:g13longkill:20201017123018j:plain












完成だ。




妻の帰りが遅かったため、今晩はこれくらいで良いとの事であったため、消化も良く、簡単なモノにした。

しかし、ポトフは本来こんな「スープ」ではなく、あくまで「野菜の煮込み」である。
所詮ポトフ風。

まぁそれでも暖まるから良いじゃないか・・・・。

















「え・・・・・・大会・・・・・・ですかッッッッ?!」




「そうなんだ・・・・・担当者から誘われて・・・断りきれなくて・・・・・。」


ああ・・・・恐ろしや・・・・・。
強引なパワーを断りきれない、それはしょうがないが・・・。



「どんな人が来るんですか?竹書房主催だからそれなりの人が来るんじゃないですか?」




「えーっとねぇ・・・・・・俺もあんまり分かんないけど・・・・なんだっけ・・・・「こじま・・・・何とか?」って言う人が・・・・・・」



「それ・・・・・・・・・小島武夫じゃないですか・・・!!!!マジすかッッッッ!!!!」



「あとねぇ・・・・・・・この人は俺も知ってる・・・・・同業者だし・・・・・」




「同業者で・・・大会に出るくらいの人・・・・・・何人か候補はいますけど・・・でも・・・先生の知ってる人ですよね・・・・・」





この人が普通の麻雀漫画家を知っているはずがない・・・・・・と、すれば・・・・・






「先生・・・・・もしかして・・・・・・・」




「うん・・・たぶんg13くんの想像通り・・・・・・

































福本先生・・・」











































赤木襲来・・・・・ッッッッ!!!!!!!!!


















最早俺が行きてぇッッッッ!!!!!!