g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想とレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

濃厚肉そばセンターよし虎 濃厚中華そば 醤油 味玉


昨日に引き続きnishi30さん、そしてふつ映さんを筆頭に、サッカーに造詣がない場合、かなり面白くない内容です。

申し訳ございません!














その日家に到着し、一旦Sに連絡をする。

「どうだ?」



「いや、俺なんかじゃもう相手にならないよ。」



2日間、約20時間以上にも及ぶ特訓はある程度功を奏したらしい。
Eに代わってもらう・・・。


「分かってるなE・・・。最終手段・・・忘れんなよ。後半ロスタイムでもコーナーキック1本で、何とかなるかもしれないのがサッカーの魅力でもある。カンプノウの悲劇を思い出せ。」















1―0で迎えた後半ロスタイム。

そこからコーナーキック2発(シェリンガムとアサシン)でバイエルンを粉砕したあの事件。

戦犯は間違いなくヤンカーだったと思う。






しかし、私の作戦はここで言うある種の「ヤンカー」を上手く使う事にあった。

そう、ルール違反せずに正統性をもった最終手段である。









いずれにしろ作戦の詳細はこうだ(簡単に)。


まず相手はスリートップで全員の速度が速い(しかも強いから止められない)ため、オフェンスに参加する人数が少ない場合が多い。

ハイペースなサッカーを得意とする。

カウンターは超得意。

ローペースなサッカーをする場合、スルーパスで無理やり抜いてくる傾向にある。




以上から、オフェンス陣のディフェンス意識が低い、そしてサイドバックの攻撃参加が乏しい。







ここに付け入る隙がある。


サイドバックが常に存在するので、攻め混みにくいのは確かだが、こちらのサイドバックの攻撃参加を利用し、数的優位を作る(ワンツー)。

しかし、相手のサイドバックは足が速いため間違いなく追い付かれる。

ただ、ここのとき「アーリークロス」を放るとコーナーキック獲得の大チャンス。




そこでベッカム登場。



この流れだ。

相手がこちらの右サイドの攻めに慣れ始めてきたら、サイドチェンジとスコールズで散らす。

そのためスコールズをOH、キーンをDHとし、中盤はフラットではなくダイアモンドとする。


徹底してこの作業。延々練習したため、Eはこの戦法を身につけた。

○ 中央突破
✕ 右サイドアタック
△ 逆サイドアタック
□ カウンターアタック

で調整。











頑張れ!E!













翌日の夕方、Sから電話が来た。

「もしもし、今大丈夫?」


「もちろん。どうだった?」


「今Eと代わる。」


「もしもし、g13くん・・・俺・・・・














勝ったよ!」


































よっしゃァァァァッッッッ!!!!!!!











f:id:g13longkill:20200831154633j:plain

私がよし虎で二郎系を食った事で妻のジェラシー全開。
よって連れて行くことに。

私は夜に予定があったため二郎系を食べることはせずに安定の一杯を食す。

因みに私は野菜、ニンニク少なめだったが「ノーマル」だとこうなる。


f:id:g13longkill:20200831155805j:plain


これもまた素晴らしい。
しかも旨い。

肉マシにして、本当にこの人は食べきれるのか・・・




f:id:g13longkill:20200831155007j:plain

いつも通り分析不可能で玄妙なスープ。

f:id:g13longkill:20200831155106j:plain

ほぐしチャーシューを噛みしめる。

そして・・・


f:id:g13longkill:20200831155147j:plain

この麺量を実際に口に放り込むと口内大火災が起こるので注意だ!

しかしですねぇ・・・旨いから結局火傷する私は希代の大馬鹿者である。


f:id:g13longkill:20200831155324j:plain

妻の生卵をスティールし、ディップする・・・・。

やベェ・・・・・。

次回から味玉でなくこっちに鞍替え確定だ!



f:id:g13longkill:20200831155443j:plain

無論これはこれで最高である。


私は消化を考えて細麺コールをしたのに太麺で来てしまった・・・。


翌日の体重がとんでもなくなったことは、想像に難くない。



f:id:g13longkill:20200831155617j:plain











ごちそうさまでした。

結果豚の半分が妻から飛んできたこともあり、ストマックバースト。

しかし、二郎インスパイア店を目の前に「二郎系」をぶつける店主、熱い男だ。

学生はこれで550円。まさに驚異である。


























「最初、緊張してたんですけど!g13くんの方が上手いから、俺慣れてきて!」






随分興奮しているようだ。良いじゃないか。







「前半は1―1だったけど、後半20分で選手交代して、そっから2点取って勝ったよ!

その後の試合はもう慣れて、全部勝ったよ!

ありがとう!ありがとう!」












んー。

こんなに旨い煙草は久し振りだ。
最終兵器の登場が効いたようだ・・・。

自分がリードされている、または同点の場合、後半20分から・・・
























コヴァチェビッチを投入・・・・ッッッッ!!!!!!













そこら辺の小学生には分からんだろう。奴らは「スピード99」しか見てねぇからな!



こっちは「ヘディング99」だ!
ベッカムコーナーキック蹴ればネスタだろうが何だろうが関係無ぇ!










え・・・・・・





何だって・・・・・・誰が・・・・・




























大人気無ぇって・・・・・・・・???!!!!!
















それは私のことでございます・・・。



勝つための最短は「相手が嫌うことをする」に限る!