g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想です。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

あっぱれ寿司 今生の別れ










店選びの際、色々なファクターが絡み合うことで今日何処に行くかを判断することになると思うのだが、味が最重要なのは致し方ない様に思う。







嫌、本当か?






A店 味◎ 接客◯

B店 味◯ 接客◎


当然の様に他の要素も重要。衛生面であるとか、立地であるとか、価格であるとか。細かくつつけばなんぼでもある。



さて、極論で問いたい。
居酒屋であったならば、皆さんはA、B店のどちらに行かれるか?

そして、寿司屋ならばどちらか?




その解も人それぞれ。土地柄やそこの名物は何か?
一言では語り尽くせぬファクター。

結局主観にならざるを得ないと思うのである。







先日「あっぱれ寿司」を訪ねたときの事。
ここの店員は気持ちの良いトークも売りの一つで、(あちらは迷惑かも知れないが)何も考えず楽しく飲みたい際はうってつけの店なのだ。

因みにナナイチもそういった意味で最高だ。







そこの名物ホールの方が5月一杯で退職されると言う。


あぁ残念。Tさんは素晴らしい方です。
あっぱれでの別れはこれで三度目で、全部が残念であったが、勿論今回も残念。

私は妻と共に別れの品を携え、店に向かったのであった。









f:id:g13longkill:20200602154014j:plain



何も注文していないのに最早飲み物よりも早く出てくる「まぐろ梅骨」。

今日も危険な塩分。病み上がりの人間にこのアルコール強制力は危険信号が鳴り止まない。









f:id:g13longkill:20200602154220j:plain


寿司屋のレベルでは無い鶏天。
油モノのため、沢山は食べられないがこの謎の甘辛ダレは、箸を止めることを拒むのだ。









続々とTさんに会いに来る客が止まらない。十中八九、別れの品を持参している。

店内が「大物のときのテレフォンショッキング」みたいになっている。








f:id:g13longkill:20200602154639j:plain


f:id:g13longkill:20200602154721j:plain


f:id:g13longkill:20200602160917j:plain





またしても三連コンボ。今回はヅケ三貫。

アオリイカ肝乗せ

イクラ、ウズラ味玉乗せ

そしてヅケマグロ


めくりJ強K
立ち強K二発目キャンセル
三連パワーゲイザー
並みの王道コンボが炸裂。

食べる順番パニックが発症したのは言うまでもないだろう。


ずっと話しかけられながら我々にも気配りを忘れないTさんは、そして流石の一言である。








f:id:g13longkill:20200602163434j:plain




私を思考停止に追い込んだ「鏡鯛」。

こりゃなんじゃ・・・・・!!!!!!


味の濃い鯛で、何故か歯触りはヒラメの様にモッチリしている。

海は不可思議な事が一杯である。











f:id:g13longkill:20200602163655j:plain



胃腸の事を考慮し、最後の抵抗たる茶碗蒸し。

〆に実に潔いものであった。
















ごちそうさまでした。












会計の際、今までの感謝とお礼の品を渡し帰路に着く。
脳内ではKIX'Sの「また逢える…」が再生されていたのは必然以外の何物でもなかった。
もしくはPERSONSの「sayonaraは言わない」か・・・。









最後エレベーターの扉が閉まる際「ありがとうございませんでした!」の声と共に、いつも通りTさんのお辞儀が見える。




その時だった。
誰かの手が、閉まりかけていたドアを無理やりこじ開けた・・・・・・・































「マジでまた来てくださいね・・・・・・!!!!!!!!お願いしますよ!!!!」






























ファン離れを懸念した店長の心の叫び、咆哮であった・・・・・。












当然。未来永劫来ますよ・・・。そして・・・・









Tさん、今までありがとうございました。