g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想です。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 春の山菜の調理法は原則一択








旬。
日本人は旬を大事にする民族であると思う。私は中学生に「風情」と言う言葉を伝えるのに随分苦労した思い出がある。

物事の始まり、ピーク、そして去り際の名残。
それぞれを自然と絡めて大切に思う心、それが「風情」であると説いていた。正解ではないかもないかも知れない。しかし、本当に美味しいピークだけを良しとせず、初物であるとかまたは、味が落ちていてもそれなりの手を加え、そのものの最後を楽しみ、次の年を迎える。
それが我らが心意気であると思うのだ。
例えば「桜」は開花~◯分咲きそして散るまで。

ただ山菜は難しい。こちらも例えばふきのとう。美味しく食べる以前に「まともに食べることのできる期間」はある意味では一瞬しかない。











先日のコゴミ。

そして・・・・・




f:id:g13longkill:20200430193606j:plain











この謎かつ異様に旨い山菜、コシアブラである。
淡い鮮烈さ。類のない山菜の一つである。
個人的には山菜中ワラビとタメはる山菜。

ここに来て最強の調理法は「天ぷら」しかねぇ!!!!


ただ、その前に






f:id:g13longkill:20200430181415j:plain




汁はベタにネギと豆腐。




そして

f:id:g13longkill:20200430181458j:plain





これも初物。
家の畑のタケノコである(絶対にキュッキュッて言わない)。
因みにこのゆで汁、絶対に捨ててはいけない。是非調理に使って頂きたい。

今日はこれを卵でとじる。我が家の伝統料理だ。ただ、初めて作るので不安しかないのは秘密にしていただきたい。



何故か成功した





f:id:g13longkill:20200430194417j:plain











さて、揚げよう。







f:id:g13longkill:20200430194730j:plain


コゴミ、そしてコシアブラ





f:id:g13longkill:20200430194807j:plain




何故か異様に安かったアカメフグ。
多分味は薄いだろうが動物性タンパク質を摂取する上で重要だと思う。




f:id:g13longkill:20200430194937j:plain







この時点で酔っているのはご愛嬌。
小麦粉の量が必然的に適当なのもご愛嬌である。

















f:id:g13longkill:20200430195259j:plain













完成だ。










油の飛び散りがとんでもなく、明日自宅待機の妻に「ごめん、掃除しておいて」と言ったが最後。
般若と言うものは人間界の何処にでも潜んでいるのだろう。
あまりの動揺に私は煙草を吸いにベランダへ逃げ出したのだ・・・



あれ・・・
















f:id:g13longkill:20200430195533j:plain




















煙草を反対に咥え火をつけた私は、すぐさまフィルターを引きちぎり通常通りに。

聡明な皆様であれば最早私の次の一言はお分かりであろう(これも第二部)。




























リサリサ先生・・・・・・・・ッッ!!!!!!!























皆まで言うな・・・・・