g13longkillの日記(ラーメン・居酒屋等)

食事の感想とレシピです。好きなブロガーさんの記事に酷似しているのは御愛敬

家飯 鶏胸ハム スンドゥブ ホタルイカの酢味噌和え






解り易い説明とはどういうものか。

具体的にすればそれで良いのか、はたまたシンプルにいくべきか、聞き手はどのような人間か、等考え出したらキリがない。それでもフィラデルフィアデンゼル・ワシントンに言われる前に詳細を伝えるべきだ。


何故化学反応式は=ではなく→なのか。
当時中学生だったその子が私にした質問である。そんなの理科の先生に聞けよ!と邪険に扱うのは簡単だがそれはしない。
その子が理科の先生に質問しなかった理由は何か、と言う問題もある。
様々な可能性を考えつつ、私が出した解は









コーヒー + 牛乳 = コーヒー牛乳

コーヒー + 牛乳 → コーヒー牛乳















上段だと←が成立することになる。
無論実際は可能だろうが素人には及びもつかない。

そう、これが文系担当の苦肉の策。所詮私のレベルはこの程度だ。納得してもらったが、今となっては演技かどうかも不明だ。「解った」と言う言葉も色々な解釈がある。




いずれにしろ、そう簡単には元に戻せないものもあると言うこと。


これがその正体だ。




f:id:g13longkill:20200321111353j:plain









ある人間が「貰い物」と言って私に差し出した。つまり、貰い物を貰った訳だ。
それぞれノーマルのキムチと干し大根のキムチ。今日は豚キムチにでもするかと思っていた私は味見をして驚愕。

まず味がしょっぱくて辛いだけ。甘さ、コク共に足りず。田舎のおかあさん、有難い、有難いのだが・・・・・・。
大根の方に至っては発酵し過ぎて乳酸菌風味がエクスプロージョン。私はまだ大丈夫だが妻が食べられない。
さて、



f:id:g13longkill:20200321191108j:plain





f:id:g13longkill:20200321191138j:plain







ここまでは通常の手順。胡麻油で炒め発酵の香りが消え、全体が乾き初めて来たところで







f:id:g13longkill:20200321191454j:plain






f:id:g13longkill:20200321191600j:plain


コイツの登場だ。
この「イカの塩辛」と言う輩は熱を通すと旨味がモータルコンバット。絶命級の役目を果たして下さる








f:id:g13longkill:20200321191756j:plain



f:id:g13longkill:20200321192204j:plain


投入して溶き卵(こっちの方が楽)をGUNGUNに行進させればOK。












f:id:g13longkill:20200321202806j:plain




これは沸騰したお湯にある程度切り込みを入れた鶏胸肉を入れ、1分程で火を止める。後は湯が冷まるまで放置。待ちガイル

そうすると、パサつかずジューシーな胸肉になるって寸法。出汁醤油とポン酢で3日浸けた。生に感じられるかも知れないが、低温でしっかり火が通っているので安心して頂きたい。安定の吸い込みスクリュー。









f:id:g13longkill:20200321203910j:plain


さっと潜らせれば良かったものを。加熱しすぎて破裂したものたちが続出。美味しいところが流れ出てしまったのである。しかし、私は冷静に眼と口を摘出。間合いをとってのフランコ・バッシュの立ち強K。ヒートアップは判断力を欠く。


















完成だ。


兎に角、だ。料理に関して言えば「元に戻せなければ、別のものに昇華させれば良い」だけの話である。漬け物系は加熱し、調味料代わりにすれば深い味わいになる。なんとかなるのだ。









解り易い説明とは何か。
私のブログで一つ言える事は私の・・・・・・






















比喩表現は解りにくい!!!!!!















これに尽きるな・・・・・・。